剣のブース
SWORD BOOTH 剣は武術の短器械に属します、剣の刃は共通して平たく、真っ直ぐで、細く、長く、尖端が尖っています、
剣は両側に刃が有ることも特徴です。古くは「剣は百刃の君(君主)」と言う呼びかたをされていました。
また剣術は「鳳凰の如く」と言われるように優美でかろやかな動きが特徴です。             

◆MENU
各部分の名称  ■剣格の種類  ■剣(単剣)  ■双剣  ■長穂剣  ■剣鞭  ■蛇剣  ■剣刺  ■双手剣  ■桃剣  ■古代の剣
武器博トップへ

■各部分の名称(単剣)

 剣尖 剣は「刺兵」とも呼ばれ尖端で突く「刺」の動作は剣術は重要な技術。
 拳脊 鎬(しのぎ)、剣背とも呼ばれ山形に盛り上がっている(刃の断面は菱形になる)。
 剣刃 剣の特徴である両刃(諸刃)になっている。
 剣格 鍔(つば)、手を防御するもので護手ともよばれる。
 剣柄 剣を手で持つところ、通常剣は片手で持つため比較的短い(短柄)。
 剣首 剣の最後尾の部分で剣刃を固定し、剣穂を取り付ける部分。
 剣身 剣の刃の部分。
 剣穂 近来では主に飾りを目的としている。
 剣鞘 剣を収めるもの。  

■剣格の種類
剣格にはシンプルなものから獅子の顔をデザインしたものや蝙蝠(幸福の印)など色々な物があります。
   
   
   

■剣・つるぎ・jian

剣は刀のように多くの種類は有りません、それだけデザインや機能が完成されている言えます。
シンプルな形状のため、逆に剣術の技が発達したと考えられます。
一般に使われている剣は、通常「単剣」と呼ばれますが、それを両手に持てば「双剣」と呼ばれ、
「単剣」に「剣穂」の短い物がつけば「短穂剣」長い物がつけば「長穂剣」と呼ばれます。

剣の扱い、基本技術については以下で解説しています。
剣術の基礎知識1 剣術の基礎知識2 剣術の基礎知識3  剣術の基礎知識4 剣術の基礎知識5

■双剣・そうけん・shuangjian

「双剣」は双剣という形の特別な器械ではなく「単剣」とほぼ同じ形の器械です。
ただし刃の形や鍔そして鞘の形は「単剣」とは少し違い、双剣は通常二本の剣を合わせて一本の鞘に入れます、
つまり刃がくっついた状態で鞘に収まるわけです。
単剣の場合、刃の両側にある「刃脊」が「双剣」では片側のみとなります・・・刃どうしをピタリと合わす必要
があるため鍔も柄も同じように合わさる側が平らになった形になっています。

■長穂剣・ちょうすいけん・changsuijian

普通の単剣に、剣と同じぐらいの長さの、長い「長穂」が付いています、そのため「長穂」を「軟兵器」のよう
に振り回し扱います。また穂の端を持って剣を投げつけ、そのあと穂を引き剣を手に戻すという飛び道具的な使
い方もします。

■剣鞭・けんべん・jianbian

「長穂剣」が変形した「剣鞭」があり長穂のかわりに「九節鞭」のような多節の金属鞭が付きます。剣に「鞭」
を付けるという発想は、日本の「鎖鎌」に通じるものもがあります。
通常の剣穂は付かず九節鞭に取り付ける「風彩」を鎖の端に付けます。

■蛇剣・じゃけん・shejian(九曲剣・龍形剣・剣刺)

この剣の特徴は剣身(刃の部分)が波形になっていることで、パン切りナイフかチーズナイフのような形です。
真っ直ぐの刃に比べ波形の刃があると何度も身体に当たるため、切り口が深くなります。その他は一般の剣と同
じ使い方が出来ます。

長器械の「蛇矛」はこの蛇剣を棍につけたような器械です。また「蛇剣」とよく似た器械に「九曲剣」「龍形剣」
「剣刺」があります、「九曲剣」「龍形剣」は「蛇剣」の別称と言ってもいいでしょう。

■剣刺・けんし・jianci

上記の「蛇剣」と大変よく似た形ですが、「剣刺」は刃形が波形ではなく山形で尖っています。「剣刺」は「刺・
ツー」つまり刺すこと専門の剣のようにも思えますが、鋸状の刃は「抹・引く」の技術も大変有効に思われます。

■双手剣・そうしゅけん・shuangshoujian・

(画像の上側は通常の剣です、双手剣はそれに比べて刃も手で持つ剣柄も長くなります)

中国のほとんどの短器械は片手だけで扱いますが、「双手剣」は名前の通りで両手(双手)で持ちます。
「李蓮傑」の映画デビュー作「少林寺」で「于承恵」が演じた「リー将軍」がこの「双手剣」を持ち、そして見事な
「双手酔剣」を演武していました。

「双手剣」の形は普通の「単剣」と変わりませんが、剣身は約1メートルもあります。「双手剣」の特徴として両手
で握るため柄が長く約20センチもあることです。
長い器械のため「双手剣」の套路には「棍」の動作もふくまれます、また「双手剣」は「螳螂剣」の流れを汲むため、
「螳螂拳」のように定式で静止した状態でユラユラと揺れるユニークな動作もあります。

■桃剣・とうけん・taojian

古代の木製の剣、朝廷で帯びる剣、儀仗用の剣に用いられた。
また、キョンシーで有名な「幽幻道士」が使っていた剣も木製でした、邪を避け道教の法事をに用いられたとされます。
邪を払う剣は桃の木で出来た物が珍重されたそうです。この剣も桃の木製です。

■「古代の剣・こだいのつるぎ」



上海武縁堂で展示されている、古代の鉄製の剣。
「ヒーロー」や「七剣」等の中国映画に出てきそうな、重厚な作りの剣です。
日本では鉄製の物は手に入れられませんが、ジュラルミンでの複製は可能です。

武器博トップへ


Renewal 2011.1.8