刀のブース
BROAD SWORD BOOTH
刀は武術の短器械類に属します、中国で一般に刀と呼ぶものは「柳葉刀」のことですが、刀の種類は多く用途により
色々な種類が有ります、共通するものは片刃であることです。また刀はここで紹介する「短器械」のものだけでなく
「長器械」にも沢山の種類があり、器械の中で刀類は一番種類が多いと言っても間違いでないでしょう。     
刀術は「猛虎の如し」と言われるように勇猛な動きが特徴です。                       

◆MENU
各部分の名称  ■柳葉刀  ■双刀  ■対練双刀  ■南刀  ■鬼頭刀  ■雁翅刀  ■八卦刀  ■環刀  ■九環刀
侠家単剣刀  ■九鈎刀  ■苗刀  ■倭刀  ■太極刀  ■戒刀  ■胡蝶刀  ■麟角刀  ■日月乾坤刀
武器博トップへ


■各部分の名称(柳葉刀)


 刀尖 刀の尖端、剣で刺すことは「刺」刀や槍で刺すことを「扎」と呼ぶ。
 血槽 刀を突き刺したときにこの血槽が無ければ抜けなくなる恐れがある。
 刀背 刀の上端には刃がなく腕や背中に付けることが出来る。
 刀刃 刃が付いた切れる部分、湾曲していることが特徴。
 刀盤 鍔、刀を持つ手を護る、護手盤とも呼ばれる。
 刀柄 刀を手で持つ部分、刀柄は湾曲していることが特徴。
 刀首 刀の最後尾の部分で刀刃を固定し、刀彩を取り付ける部分。
 刀身 刀刃の本体部分。
 刀彩 近来では主に装飾を目的としている。
 刀鞘 刀を収めるもの。

■各部分の名称(南刀)



 刀尖  刀の先端部分。
 刀身  刀刃の本体部分。
 刀刃  刃が付いた切れる部分、南刀は直線の刃である。
 護手盤 鍔、刀を持つ手を護る。
 刀柄  刀を手で持つ部分、南刀の刀柄は直線的。
 刀環  刀の最後尾の部分。

■柳葉刀・りゅうようとう・liuyedao


「柳葉刀」は柳の葉に似て細く湾曲した形状です、刀身の両側には二条の血槽が有り、敵の身体に突き刺したと
き血槽がなければ刀が抜けないと言われています。
また刀盤(鍔)は楕円形の鉄の皿のようで、刀柄側が皿の底になります、柄はやや湾曲し刀首(グリップエンド)
には金属製のキャップが付いています。
刀術を表す言葉に「単刀看手」があります。これは「単刀」を表演する場合「刀を持たない方の手を見ろ」とい
う意味です。誰でも武器を持った手には注意が行くのですが、持たない手はなおざりになりやすいためです。刀
を持たない左手にはバランスを取ることや力を補助する重要な役目があると言うわけです。

長拳刀の長さを決める基準は刀盤を左手で持ち「刀背」を垂直に腕に付け、体側に腕を下げ「刀尖」が耳の上端
を超える長さが基本となります。

刀術の基礎知識1 刀術の基礎知識2 刀術の基礎知識3  刀術の基礎知識4

■双刀・そうとう・shuangdao


「双刀」は両手に左右対称の柳葉刀を持ちます。対称とは通常の「柳葉刀」を刀刃を中心に二つに割ったような
形です。一組の双刀を合わせて持つと一本の刀の形になのます 。

双刀には「双刀看走」と言う言葉があります、両手に持った刀を振ることと、足運びを上手く協調させることが
重要というわけです。

■対練双刀・たいれんそうとう・duilianshuangdao


対練に使う刀は一本だけ持つ「単刀」、二本持つ「双刀」が有ります、通常「環刀」の形をしています。
対練に使用する刀のため、器械どうしで打ち合っても壊れないようにジュラルミン製で丈夫に作られています。
対練刀を使う対練には「循牌刀対三節棍」「双刀対槍」など対練の代表的な種目が数多くあります。

■南刀・なんとう・nandao


1992年に発表された「南刀競技用套路」と同時に新しく作られたとても新しい器械です、それ以前には形のよ
く似た「胡蝶刀=南派の器械で全長約40センチ」はありましたが、「南刀」は見あたりません。

「南刀」は幅広の真っ直ぐな刃で刀首には「環刀」と同じような環が付いています。刀柄は両手持ちをするため、
約20センチと長めです、また鍔も「侠家単剣刀」と同じようなかぎ型の「護手」です。

「南刀」の長さはの目安は、護手盤の下に親指をかけて持ち、腕を体側に下げ、刀尖が顎の高さを超えることが
基準になるため、長拳刀と比べると長さは短くなります。

■鬼頭刀・きとうとう・guitoudao


刀先に鬼の頭のような?丸い角がはえています。鬼の角って丸くないとは思うのですが………
この丸い角は装飾のためだけでは無いと思いますが用途は不明です。形状的には環刀とよく似ています。

■雁翅刀・がんしとう・yanchidao


雁が羽根を広げたような形で「柳葉刀」より少しスリムな感じです。

■八卦刀・はっけとう・bzguadao


名前の通り「八卦門」の器械です、別名「龍形八卦大刀」とも呼ばれます、形は「柳葉刀」とほとんど同じです
が、大きさははるかに大きく刃渡り1メートル、全長約140センチの巨大な物です。上の刀は通常の柳葉刀です。

■環刀・かんとう・huandao


対練などでもよく使われる刀です、「長器械の朴刀」の刃とほぼ同じ刃が付いています、柳葉刀の先の部分を断
ち落としたような形ですが、名前の「環」は刀首に丸い環が付いているためです。
日本でも、よく古墳などから「環刀」と同じように環の付いた古代の剣「環剣」や「環刀」が出土されます。

■九環刀・きゅうかんとう・juhuandao


「九環刀」は「環刀」の刀背に穴が九つ並んであき、金属のリングが九つ付いたものと考えて良いでしょう、そ
のため「九環刀」を振ると刃に付いたリングにより音が鳴る事が特徴です。

■侠家単剣刀・きょうかたんけんとう・xiajiadanjiandao


「鋏刀」とも呼ばれる南派の「侠拳門」の器械です、名前を見れば分かるように「刀と剣」両方の特徴を兼ね備
えた「サーベル」によく似た細身の器械です。鍔は丸い「刀盤」でなく、かぎ状の「護手盤」がつきます。

■九鈎刀・きゅうこうとう・jiugoudao


「九鈎刀」は一目見て「何だこれは!」と思わず言ってしまいそうなほど、非常にユニークな形をしています。
特徴は刀の背に九つの逆刃が付いています、逆刃は大きな鋸の歯のような形で、引いたときに切れる形状になっ
ていて、九つの歯の先に赤い房が付いていますが、これは装飾のためでしょう。

■苗刀・びょうとう・miaodao


「苗刀」の形は日本刀に酷似しています、それも当然で日本から中国に伝わったという、珍しい生い立ちの器械
で、「劈卦拳」の器械です。全長は1メートル40センチのスリムな刀です。
特徴の一つに「剣」で紹介している「双手剣」と同じように両手持ちで扱います。また「苗刀」をもちいた刀法
は日本の「隠流刀法」「辛酉刀法」の流れを汲むとされています。

「苗刀」の名前の由来は「苗」には「苗のように大きくなるもの」とか「すらっとしてスマートである」という
意味もあり中国に伝わった細身の日本刀はその形から「苗刀」と呼ばれているようです。

■倭刀・わとう・wodao


「倭刀」は先に紹介した「苗刀」の別名と説明している資料が多数を占めています。
ただし厳密に区別する場合、苗刀が刀盤であるのに対して倭刀は剣格のような護手盤がつきます、また刀首の代
わりに剣首のような金具がつきます。

■太極刀・たいきょくとう・taijidao


別名で「楊式太極刀」と呼ばれます。先に紹介した「侠家単剣刀」によく似た形状の刀です、名前のとおり太極
拳とくに楊式太極刀で使う器械です、細い刀身が特徴です。片刃で細い刃を持っているため「刀と剣」両方の特
徴を兼ね備えた器械と言えるでしょう。鍔は刀盤でなくかぎ状の「護手」がつきます。

■戒刀・かいとう・jiedao


「戒刀」は僧侶が腰に下げていた刀言われています。僧侶が修行に出るときに携え、袈裟を作る時に用いたと伝
わっています。ですからこの刀は殺生には使わなかったと言えます。刀盤の形が細長く珍しい形になっています。
全長約90センチ・肉厚で重厚です。

■胡蝶刀・こちょうとう・fudiedao


南方に伝わる伝統的な短器械です、両手でもち双刀として使うことが主で、よく似た刀には「子母刀」「牛耳尖
刀」など有ります。

扱い方は護手を使い順手から逆手に素早く持ち替え、刃の部分を前腕につけて攻撃を受けたりする事が特徴です。
現在国際大会などで規定種目になっている「南刀」はこの「胡蝶刀」から発展した武器です。

■麟角刀・りんかくとう・linjiaodao

1

2

3
鈴羊麟角刀とも呼ばれ、山西地方の形意門特有の器械です。その形は麒麟の角に似ていて尖端が二つに分かれて
います、そのため刺すことと断ち切ることに長けています、特殊な形の割りに用法は多く刺、砍、劈、撩、推、
架などが有ります。画像 1と画像 2は一見違う物ですが同様に形意拳の麟角刀です。
画像 3は上の二つの麟角刀と違い同じ名前ですが八卦掌の器械です。

■日月乾坤刀・にちげつけんこんとう・riyueqiankundao

別名「蝉翅刀」また「護手双頭刀」とも呼ばれる南派少林門の希少器械で、全長は 1.4m〜 2mと中長器械にも
属する複雑な形の器械です。刀は画像のような直線的な物やの湾曲した刃があり、中央部には木の柄が付いてい
ます、その柄に月牙(双鈎の護手の部分)が二つあります。日月乾坤刀の技法には劈、挑、載、推、斬などがあ
ります、ちなみに名前の「日」とは両端の刃「月」は手で持つ護手部分の「月牙」そして「乾坤」とは「天地」
「陰陽」などの意味があり、一見左右対称のような両端の刀の部分も大小があり、これらが「日月乾坤」の名前
の由来と思われます。

武器博トップへ


Renewal 2011.2.8