短器械のブース
SHORT WEAPON BOOTH
刀や剣などの比較的短い武器を「短器械」と呼びます、すでに剣と刀はそれぞれのブースで紹介しているので、
ここでは剣と刀以外の短器械を展示いたします。剣や刀以外の代表的な短器械には「双鈎」や「斧」などあり 
両手に持つ「双器械」で使うことが多くあります。                           
◆MENU
各部分の名称  ■  ■鹿角鈎  ■跨虎拦  ■陰陽鶏爪鋭  ■鶏刀鎌  ■  ■硬鞭  ■  ■鴛鴦斧  ■
武器博トップへ


各部の名称(鈎)


 鈎端  尖端は丸くなっているが刃が付いている。
 背锋  鈎の背部分で刃が付いている。
 鈎柄  手で持つ部分、布や革で巻かれている。
 鈎钻  鈎の後方に有り槍頭のように尖っている。
 鈎口  カギ型になり衣服や手綱を引っかけることがてきる。
 鈎尖  カギの先端部分。
 鈎锋  鈎の内側部分で刃が付いている。
 鈎脊  鈎の前段部分。
 鈎月  月牙、月锋ともよばれ外側には刃が付いている。

■鈎・こう・gou(双鈎・虎頭鈎)

「鈎」は両手に持ち「双鈎・そうこう」として使われることが一般的です。「双鈎」は先が曲がった剣状の刃に「護手月
牙」が付いています、先端の曲がった先が虎の頭に似ているので「虎頭鈎」とも呼ばれます。「双鈎」は「多尖多刃器械」
とも言われ、先端の曲がった鈎の部分は、内側が刃になり馬に乗った騎兵の手綱を切ったり、鎧や衣服を引っかけて引き
落とす、というような使い方をします。
また、「鈎柄」の所にある「月牙・月峰」は敵の攻撃を守る「護手」の役目もありますが「月牙」自体も刃が付き、接近
戦の場合などに有効でしょう。
「双鈎」の後ろ「鈎尖」の部分は槍状になり攻撃できます。このように、一つの器械にいくつもの刃物が付いているので、
練習中に怪我をすることがよくあると、双鈎を解説した本には有ります。

套路の特徴として、両手で複雑な「腕花・云鈎=グルグル回すこと」などもありますが、「双鈎」を表す言葉として「鈎
は波のように走る」があります。つまり、動きは、滑らかに停滞せず、軽やかに自然でなければなりません。そして、ど
の武術にも言えることですが、特に「双鈎」では腕だけで動かすのでなく「身法」をより活かした動きが要求されます。

「双鈎」はもともと「少林寺系」の器械ですが、山東には「螳螂双鈎」という套路があり同じ「虎頭鈎」を使い、螳螂拳
の風格を取り入れた、非常に面白い套路で両手に持った「双鈎」を、かまきりの「鎌」に見立てているわけです。
「双鈎」の種類にはこのほかに「九歯鈎」「護手鈎鎌」などがあります。

■鹿角鈎・ろくかくこう・lujiaogou


双鈎の一種です。鈎身の上には、鹿の角の形のような角が付いている、それがこの名前の由来です。護手の形は通常の月牙
ではなく波打った形をしています。

■跨虎拦・ここらん・kuahulan

「虎跨拦」とは虎がやってくるのを防ぐと言った意味でしょうか?希少兵器に入れてもよいほど変わった形をしています。
全長は約1メートル10センチ、全体は双鈎に似ていますが、先端は引っかけるための鈎はなく、鳥の嘴のように尖って
います、中央部には十字型に交叉した鈎が一対向かい合い、それが鎖でつながっていのす。柄の部分には双鈎と同じ月牙
が有り、後尾も双鈎と同じく槍頭状になっています、中央の鎖は敵の刀剣を絡め取る事も出来ると想像できます。

■陰陽鶏爪鋭・いんようけいはえい・yinyangjizhaorui

別名「子午鶏爪陰陽鋭」ともよばれ、八卦掌の創始者といわれる董海川が作り愛用したとされています。全長は約70cm、
構造は複雑で7個の鈎と1個の尖端、14の刃があります。通常双器械として使われます。

■鶏刀鎌・けいとうれん・jidaolian


心意拳門の双器械です。別名「梱花腰子」と呼ばれる。言い伝えでは心意拳の創始者姫隆豊が造ったとされています。金属
製で全長約80cmで一見剣の様に直線的ですが、先端部には鶏の爪のような勾と蹴爪のような棘が付いています。用法は勾
の部分で引っかける、棘の部分で打ち付ける、刃の部分で切るなどがあります。

■八稜錘・はちりょうすい・balengchui(画像 1)
■金瓜錘・きんかすい・jinguachui(画像 2)
1

2
「錘」は打撃系の器械です、戦いの中で刀剣類が発達して殺傷力が強くなり、次ぎにはその刃を防ぐため防具が発達して
きます、特に鎧は布、皮、金属と刃物に対しての防御力が増してきました、その防御に対抗して鎧ごと叩き切る「大刀」
などの大型器械が現れてきます、一方打撃系の器械である「锏」「硬鞭」それに「錘」などの器械(鈍器)も発達してき
ました。つまり「錘」などの「打撃器械」は長い戦いの歴史の必然から生まれてきた実践的な器械と言えます。
画像 1の「八稜錘」は、十四面体の鉄の塊を4〜50センチの短い棍につけた物で、大きなキャンディーのようです。鉄
の塊と言っても、表演などに使う「八稜錘」は、鉄板で形を作った中空の物です。

画像 2の「金瓜錘・きんかすい」は「八稜錘」とほぼ同じ物ですが、瓜の形をしているためそう呼ばれます「金瓜錘」は
単に「金瓜」と呼ぶ場合もあり、長い柄を付けた「長器械」の「
金瓜」も有ります。

■硬鞭・こうべん・yingbiantt(画像 1)
■锏・かん・jian(画像 2)
1

2
「硬鞭」と「锏」はともに打撃器械に分類されます。

「鞭」と言っても「九節鞭」などの「軟器械の軟鞭」とは違い、曲がらない硬い「鞭」です。「鞭」は「锏」と形も使用法
もよく似た器械です、異なる点は竹のような節が特徴です(画像 1)。また画像を見れば分かるように硬鞭には長さも形状
もいろんな種類があります。

「锏」は剣の形をした単なる鉄の棒ですが剣と違って刃がなく、したがって断面が剣のように平らでなく、正方形や三角形
の断面になっています。「锏」は「錘」や「斧」と同じように、鎧や兜の上から打撃する器械です。「硬鞭」「锏」ともに
通常双器械で使います。

■斧・おの・fu

「斧」は刃が付いていますが打撃系の器械です、「錘」や「锏」と同じように鎧を着た兵士に対して有効な攻撃が出来ます。
また三国志の時代などでは、森を切り開き前線基地などを作る場合に「斧」は工作道具として役立ちました。短器械の「斧」
は「手斧」のことです、「手斧」の場合、同じ斧を両手に持つ「双斧」が一般的です、「双斧」と言えば水滸伝の登場人物
黒旋風の「李逵」が有名です。「鉞・えつ」はマサカリのことですが「斧」の大きな物で長器械の「
大斧」が有名です。

■鴛鴦斧・えんおうふ・yuanyangfu


双器械の斧に属する物ですが、見れば分かるように「中華包丁」の影響が感じられます。鴛鴦とはオシドリの事で双器械に
はよく付けられる名前です。
また套路にも「鴛鴦斧」と呼ばれる物があり、20の動作で構成されている。主要な動作には双鳳点頭、清風擺柳、丢抹欄
腰、立劈山などの動作があります。

■拐・かい・guai


古代の兵器です。素材は鉄製または木製で出来ています、長い物は「長拐」短い物は「短拐」に分類されます、長拐は長さ
が1.3m、短拐は1m以下のものになります、画像の物は長が65cmで短拐に属します。形はトの字形で、手で持つ円柱形の
拐柄は、本体に直角に付いています。拐は両手に同じ拐を持つ「双拐」と片手に剣などを持つ場合が有ります。

拐の仲間には「二字拐」「十字拐」「丁字拐」「ト字拐」「刀槍拐」「上下拐」「日月十字拐」「牛心拐」「牛角双拐」な
ど沢山の種類が有ります。

空手で使われるトンファーはこの「拐」からの流をくむものです。

武器博トップへ

Renewal 2011.4.8