希少器械のブース
RARE WEAPON BOOTH
見るからに変わった武器、見ただけではどのように使ったのか分からないような武器を「希少器械」に分類します。
◆MENU
龍頭铡刀  ■佛塵  ■板凳  ■銭鈴双刀  ■少林独腿銅人  ■腰帯剣  ■双節棍  ■少林鐵笛  ■連結式三節棍
武器博トップへ


■龍頭大铡刀・りゅうとうだいさつとう・longtoudadzhadao


 この変わった器械を初めて見たのは、 2009年に中国の江西
 省宜春市で行われた伝統武術冠軍賽で河北省の劉金庚の表演
 を見た時です。
 その大会での分類は「朴刀」と同じグループでしたが、短器
 械でもなく長器械でもなく、まして軟器械や暗器とも違うい
 わゆる希少器械に属する物と思われます。

 その後、いろいろと名前を調べていていたところ、最近にな
 りようやく「龍頭大铡刀」と判明しました、確かに尖端に龍
 の頭がデザインされています。

 套路には石家庄の呉長海老師が編纂した、龍頭大铡刀経典套
 路があります。

 名前と形が似たものに「龍頭船兵」が有りますが全く違う物
 です。

■拂塵・ふつじん・fuzhu


別名「八仙純陽剣」ともいいますが、これは器械の名前でなく套路の名前です。右手に剣を持ち、左手に「拂
塵・払子」を持ちます。「拂塵」は3〜40センチの棒の先に馬などの毛の房が付いています、その毛の部分
ではらう、振る、そして器械を巻き込んだりと、攻撃の補佐的な動きをします。これは、「佐助器」に分類さ
れてもいいでしょうが、剣を持ちながら掃除をしているような姿が面白いのでここに載せました。

「拂塵」はもともと蠅や蚊を追い払う道具または塵を払う道具として作られましたが、後に禅宗の法具になっ
ていきます。

板凳・ばんとう・bandeng


これは武器というより家具です。
日本式に言えば「床机・しょうぎ」と言えますが、板凳は別名「長凳」や「条凳」そして最近では「カンフー
ベンチ」と呼ばれているようです。今でも中国の下町や田舎に行くと年寄りが座っている光景をよく見ます。
ジャッキーチェン主演の映画「ヤングマスター1980年」に登場して以来、色々なカンフー映画に登場します。

銭鈴双刀・せんれいそうとう

銭鈴双刀は別名「銭串双刀」とも呼ばれ、広東省海南島の黎族に伝わる物です。

全長60センチほどの竹の節を抜き、その中に十数個のコインを入れふたをした物を持ちます。
その「銭串」を振りリズミカルに音を立てるのが特徴です。

もう一人は「牛耳短刀」を両手に持ち勇猛に力強く攻撃を仕掛けます、「銭串」を持った人は
リズムよく左右に飛び跳ね攻撃をさけたり受けたりします。


少林独腿銅人

少林寺に伝わるじつに変わった武器です。
一見武器には見えません、どのように扱い闘ったのかも不明です、このように中国の器械には摩訶不思議な
ものが沢山あり、たいへん魅力があります。この銅人は「少林兵器総譜秘本」のなかで見つけたものです。

全長約1メートルの器械ですが、その形は名前の通り銅製で人の形をしています。人形のかたちですが「独
腿」と呼ばれるように片足の人型です。腕は片手を上方に伸ばし、もう片方の腕は下におろし腰の横から外
に向けて手のひらを出しています。そして頭の部分は、少林寺の器械だけあって僧侶の坊主頭で顔がついて
います。記述にはありませんが、全身が銅の無垢であれば数十キロにもなるので、練功用の器械として使わ
れていたのかもしれません、あるいは実用として使うのであれば中が空洞になっていたかもしれません。


腰帯剣


「腰帯剣」の形状は、通常の剣とほとんど同じです。ただ剣柄が通常の剣より短く約10センチほどです。
「腰帯剣」の特徴はなんと言っても、剣が腰巻けるということでしょうか。非常にしなやかで柔軟な剣は、
ベルト状の鞘の中に入れて、帯のように腰に巻くことができ、そして腰に巻いたまま、剣を抜くことができ
ます。つまり人に知られず剣を腰に忍ばせて持ち、突然剣を抜くことができるわけです。ですから暗殺に用
いられたり、武術家が旅に出るとき荷物にならないようにコンパクトな「腰帯剣」が重宝されたようです。
ただ、真っ直ぐ横に持つと垂れ下がるような「ふにゃふにゃ」の剣をうまく操るには、かなりの剣技が必要
でしょう。

連結式双節棍
 

ほとんどオモチャのような器械で申し訳ないのですが、以前南京で発見したものです。本来なら軟器械の項
目ですが、パイプ状のロッドの中に鎖を収納して、さらにネジでロッドが連結され、一本の棒になる結構か
わった器械なのでここで紹介します。繋いだままの棒でも武器になりますが、分解してヌンチャクのとして
使うとさらにパワーアップ…と行きたいのですが、パイプの中の鎖が引っかかり分解に結構時間がかかり実
用になりません、連結した状態で約40センチです。

少林鐵笛
 

鉄笛と言うだけあって、鉄でできた笛です。鉄のパイプに穴が7〜10個空いて実際に音が出せます、そして
形が笛ですから敵に武器と気づかれません。鉄のパイプだけに重量が軽いうえ、とても丈夫なので基本的に
は打撃兵器ですが、パイプの中に鎖に繋がった重りが仕込んであり軟器械的な使い方もできます。

連結式三節棍
 

  

李連傑(ジェットリー)のデビュー第二作「少林少子」に登場しました。この武器は映画のオリジナル
の武器と思うのですが、映画の後半にある戦闘するシーンで最初は李連傑が棍で闘っているのですが、
棍をシャキーンと伸ばすとなんと三節棍に変身してしまうのです、かっこよかったですね・・・

最近衛星放送で「少林寺シリーズ」が放映されたせいか、この武器について問い合わせが何件か有り、
特別に制作しました。


武器博トップへ

Renewal 2011.5.10