一つ戻る・7月の講座
一つ進む・9月の講座
中国武術基礎講座メインメニューへ
中国武器博物館・ホームページ・メニューへ
8月の講座 基本功「歩型」 vol.5     
「歩型」bu xing

歩型は武術の基礎であり、とても重要な基本となります。
歩型は、よく建物の土台に例えられます、しっかりした土台の上には大きな建物(武術)を建てることが出来るというわけです。

歩型を正しい形でおこなうには脚力だけでなく、バランス感覚が重要と言えるでしょう。
正しい歩型をマスターすることによって、套路全体が安定したものになり、また脚力が付くことにより素早い動きが出来るようになります。

武術の歩型には弓歩、馬歩、仆歩、歇歩、虚歩、丁歩、横襠歩、半馬歩、前点歩、独立歩、座盤、並歩・・・などたくさんの種類があります。
その中でも重要な弓歩、馬歩、仆歩、虚歩、歇歩が五歩型と呼ばれています。

■弓歩 ゴンブ gong bu
■馬歩 マブ  ma bu
■仆歩 プブ  pu bu
■虚歩 シゥブ xu bu
■歇歩 シエブ xie bu

イラストはカンフー寺「食事も修行?」より


「弓歩」gong bu

「弓歩」への要求点
1.前後の足の幅は5足長分開く(足の間に靴が5つ並ぶ)。
2.大腿部が地面と水平になるように膝を曲げで、つま先はやや内側に向ける。
3.前の膝は足の甲の真上に置く、つま先より前に出たり、踵より後ろになってはいけない。
4.後ろ足の膝はピンとのばし、つま先は出来るだけ前に向ける。
5.両足とも足の裏は全面着地して、踵などが浮かないように気をつける。
6.腰をまっすぐにむける。
7.上体を起こして胸を張る。
8.前足のつま先は少しだけ内側に向ける。

<注意点>
・とくに後ろ足が床から浮かないように気をつける。
・上半身はまっすぐに立てる。
・腰を伸ばす。


「馬歩」ma bu

「馬歩」への要求点
1.両足の幅は3足長分開。
2.大腿部が地面と水平になるように膝を深く曲げる。
3.両足は平行にして、つま先が開かないように気をつける。
4.膝は出来るだけつま先より前に出さないようにする。
5.両足の裏は全面着地する。
6.上体を起こし胸を張る。

<注意点>
・つま先が開かないように注意すること。
・背筋を起こして、腰が曲がった姿勢にならない。
・膝は内に入り過ぎたり、開きすぎたりしない。


「仆歩」pu bu

「仆歩」への要求点
1.一方の足を伸ばし足首を約90°曲げる、膝はピンと伸ばす。
2.もう一方の足は膝を深く曲げて立つ、つま先は約45°。
3.曲げた方の足の裏をピタリとつける(太もも後ろとふくらはぎ)。
4.曲げた膝とつま先は同じ方向にする(約45°)。
5.両足の裏は全面着地する。。
6.腰を曲げずに背筋を伸ばし胸をはる。

<注意点>
・腰が浮かないようにしっかりとしゃがむ。
・曲げた膝が内側に入らないこと。
・足の踵が浮かないように注意する。


「虚歩」xubu

「虚歩」への要求点
1.片足のつま先を約45°外に向けて立ち膝を曲げてしゃがむ。
2.もういっぽうの足は膝をやや曲げて前に伸ばす。
3.伸ばした足には体重をかけずにつま先を軽く地面につける。
4.曲げた足の大腿部は地面と平行にしてつま先と膝を同じ方向に向ける。
5.出来るだけ背筋を伸ばし胸を張る。
6.手は腰、または全貌に伸ばしてもよい。

<注意点>
・曲げた方の軸足の裏は全面着地、踵を浮かせてはいけない。
・前の足には体重をかけてはいけない。



「歇歩」xie bu

「歇歩」への要求点
1.両足の幅はほぼ肩幅の広さで開く。
2.両膝とも曲げて足を組むようにしゃがむ。
3.下になった足の上にお尻をつけるように座る。
4.膝の上と大腿部の下側がピタリとひっつくように合わせる
5.前の足は全面着地、後ろの足はつま先だけつけて踵は浮かす。
6.腰を曲げずに背筋を伸ばし胸をはる。

<注意点>
・腰が浮かないようにしっかりとしゃがむ。
・下の足の膝は地面につけてはいけない。
・足同志がピタリとつくように注意する。


一つ戻る・7月の講座
一つ進む・9月の講座
中国武術基礎講座メインメニューへ
中国武器博物館・ホームページ・メニューへ