武術大辞典メイン ■中国武器博物館へ
「拳種」 独立した武術の門派(中に徒手の套路、器械の套路、功法などがある)   

             
一盆珠 十二路技子拳 十字単拳 十字蓮花拳 十排手
七星拳 七星螳螂拳 七星蓮拳 八門汇宗 八門金捶
八三拳 八閃翻 八折 八極拳 八歩転
八卦拳 八卦七十二腿法 八卦三十六腿 八卦掌 八錦単拳
八錦拳 九節鴛鴦腿 九龍門 九綱十八幅 九宮八卦掌
九宮太極拳 九宮旋転十二法 九還拳 九拳 九犁拳
九滾十八跌 九翻子 刁家教 義和拳 義善拳
三十六路宋江拳 三義拳 三皇炮錘 三教門拳 土拳
大成拳 大架拳 大悲拳 山西母子 小大鵬拳
小伏虎拳 弓力拳 馬形 馬猴螳螂拳 子午拳
子母少林拳 子母連拳 子母綿掌 六大開拳 六字門
六合拳 六合通臂拳 六合螳螂拳 六家芸 心意六合拳
開門八極拳 開門拳 開拳 天罡気拳 天罡手三十六
云龍九現八陣図 韋陀六合拳 五行通臂拳 五行鷲拳 五花炮
五枚花拳 五祖拳 五祖鶴陽拳 五勢梅花桩 太乙門拳
太行意拳 太极元功 太极五星捶 太極拳 太極螳螂拳
太空拳 太祖拳 太和六路拳 少林十八羅漢手 少林十三抓
少林十字戦拳 少林八歩連環 少林心意門 少林五形八法拳 少林五虎拳
少林五戦拳 少林五拳 少林合戦拳 少林柔拳 少林昭陽拳
少林拳 少林脱戦拳 水滸門拳 水滸拳 長寿拳
長林登州炮捶 長拳 化門 丹功門拳 風魔拳
双胯虎拳 双綿拳 孔門拳 孔雀拳 伊派八卦掌
玄門拳 功力拳 功家南派 石頭拳 龍門南拳
龍爪掌 龍行掌 龍形 龍形八卦掌 龍形掌
龍拳 東安拳 四川南拳 四方拳 四通捶
四趟拳 白虎拳 白眉拳 白猿通臂拳 外場拳
対式単拳 湯瓶七式 関西母子 字門 字門南拳
劉派八卦掌 地功拳 地攻拳 地術犬法 地功鴛鴦拳
地功戳脚 地趟拳 西涼掌 光板螳螂拳 呂家拳
朱家教 伞拳 自然門 華拳 会門
陽掌 陰撃拳 陰陽掌 孫式太極拳 孫家拳
孫膑拳 進退連環拳 形式拳 形意八字功拳 形意八卦掌
形意廿四絶手 形意拳 厳門拳 芦笙拳 萇門拳
萇家拳 花拳 杜門 楊式太極拳 楊家拳
李式太極拳 李家拳 巫家拳 両儀拳 護膝捶
連環八卦掌 連拳 呉式太極拳 呉式精簡太極拳 串拳
呑吐拳 佛門拳 佛漢拳 佛家拳 身法拳
亀牛拳 鄒家拳 鶏形 鶏拳 陳式太極拳
陳式老架太極拳 陳式新架太極拳 法門拳 定歩太極拳 空門拳
底功拳 武式太極拳 武当太乙五行擒撲二十三式 武当太極拳 武当陰陽八卦掌
武当猶龍太極拳 武当松渓派内家拳 武当拳 青龍拳 拦手
抹面拳 披挂拳 軟螳螂 苗族拳 苗拳
虎形 咏春拳 呼延拳 羅漢拳 羅漢螳螂拳
岩鷹拳 岳門拳 岳山八極 岳氏連拳 岳氏散手
岳家拳 岳家教 伺拳 金剛拳 金剛禅自然門
魚門 周家小母 周家螳螂拳

「一盆珠・yipenzhu・イーパンヂュ」
岳家教とも呼ばれる、南拳の一種である。宋朝(420-479・南北朝)の時代に名将「岳飛」が作り出したとされる。
はじめは湖南地方から広東地方に伝わったときに「一盆珠」と名前が付いた。
この拳は攻守が兼ねそろうため、攻撃を主として行う。歩法は軽く素早く安定したもので、馬歩、弓歩、独立歩等がある。
手法は虚実がはっきり分かれ、通常左手が虚、右手が実になる。手と足の配合は協調一致させる。

画像は淅江省杭州市の岳王廟にある岳飛(1103〜1142年、民族英雄)の座像。
岳飛が作ったとされる武術は数多くある。

「十二路技子拳・shierlujiziquan・シーアルルジィツーチュエン」
南拳の一種で、伝えによれば1900年前後、湖南省の雷法香和尚が武岡県を行脚した時、その地で盛んであったとされる拳である。
拳の攻撃性は強く、攻撃を以て防御となし、拳の勢いは激しく勇猛で素早い、また剛柔を合わせて持ち、虚実合わせて進む。
器械には技子単刀がある。

「十字単拳・shizidanquan・シーズダンチュエン」
対式単拳とも呼ばれる、八門拳の一種で甘粛、蘭州、宇夏、青海、新疆などの地区で盛んであった武術です。
左右対称で拳を使い、単練習、対練ともに有る、表演時には伸びやかで大きく、美しく、敏捷でたくましい動作である。
その主要な功法には奔腿、包頭、跺子脚、燕湖啣泥、盤頭花子などある。

「十字蓮花拳・shizilianhuaquan・シーズーレンファチュエン」
この拳は十字に足を運び、手の形が蓮の花に似ているところからこの呼び名がある。
また三教門拳とも呼ばれ、山西地方に伝わる拳種であるが、元々の発祥は山東地方で清朝の時代に山西の霊石が山東の薫裕為師に
拝師し武術を学び後に三教門拳を作ったと言われる。
この拳は「三形四家」を重んじるといわれる、三形とは「龍、虎、鼠」、四家とは「東、西、南、北」をさす、身は龍、動は虎、
静は鼠の如くである。内功は金、木、水、火、土の五行相生相克(五行の運行によって生じる相互作用)を重視する。
また外功は強く打ち、強く突っ張る、また擒拿術にも長けている。

「十排手・shipaishou・シーパイショウ」
この拳は武術の拳の一種で、10種類の異なった手法を組み合わせた物です。それぞれの手法はそれぞれ発展進化し4種類の撃ち
方と、主につかむことが共に10種類(10排)ある、そのため「十排手」と呼ばれる。
単練習、また対練などがある。十排手は「分手八快」や「小母子」などの拳種の手法と腿法を取り入れて内容が豊かである。
功法の練習は二種類ある、その一つは手法の練習で、主に指の力、手首の力、腕力を各種の「拿法」「抓法」に組合わせる。
二つ目には腿法の練習で、主に蹬、踢、踹、踩と転ぶなどである。

「七星拳・qixingquan・チーシンチュエン」
この拳は小林拳に属する。「七星」とは前・後・左・右・上・下・中央の七つの方向を指す。この拳は丹田の運用で発勁し、動作
は内側を固く絞め、外には激しく猛烈である、套路は連環して隙が無く整って、一気呵成に行う。

「七星螳螂拳・qixingtanglangquan・チーシンタンランチュエン」
螳螂拳の一種。別名では「羅漢螳螂」と呼ぶ。山東登州で作られた。「七星歩」はこの拳の基本的な攻防の形です、合わせて螳螂
九転十八跌、挿捶、蹦歩、双挿花など各種の招式を構成して七星連勢として、ゆえに「七星螳螂拳」と呼ばれる。
特に「閃転騰揶(避ける、場所を変える)」が重要で、勁力は強くきびきびしている。

「七星蓮拳・qixinglianquan・チーシンレンチュエン」
この拳は甘粛地方に伝わる拳種である。また別名を「排子拳」とよばれる。進むたびに形が変化し、進む或いは止める、
飛びかかる、高く、閉じる、止めるなど、合わせて35排、12腿の方法ある。この拳は甘粛武威地方で流行していたが、現在で
は見ることはまれである。

「八門汇宗・bamenhuizong・バーメンフイゾォン」
八門汇宗=武当松渓派内家拳の項を見よ

「八門金捶・bamenjinchui・バーメンジンツイ」
小身子の拳種、特に縦、奔、跳、躍、閃、戦、騰、揶の八法が重要である。以下手足の動作は主に、手足の配合を緊密におこない、
歩法は軽やかに、手法は迅速に、変化がめまぐるしい。練功法には二種類有り、その一つは腿功の練習で、踢、奔、踹、踩、縦、
閃、綻などある。もう一つは手法の練習で、打、展、撑、捶、闸、剁などがある。
拳譜歌訣には「一、咬龍が水の滴を飲み込む」「二、猛虎が山林から走り出る」「三、猿が跳び上がり仙果を摘み取る」「四、
梅鹿が跳ねて霊芝を探す」「五、五千斤の鼎を下から押し上げる」「六、八王が荥阳を手に入れる」「七、おとりの兵が弱みを
隠して相手をだます」「八、まばらな柱の梁を引き出す」この拳が伝わっている地方は甘粛蘭州、寧夏、青海、新疆など。

「八三拳・basanquan・バーサンチュエン」
甘粛天水地方の拳種。別名「八三摸手」と呼ばれる。内容に含まれるのは拳、肘、腿、跤の方法がある、動作は伸びやかで、あか
抜け、敏捷で変化が多い。

「八閃翻・bashanfan・バーシェンフォン」
翻子拳の一種。少林寺の主管僧「法静」「惠明」「寂然」が書き残し伝えている。初期には河北省蠡県の広域に伝わり、高陽、饒
陽などに伝わり、現在では全国に広まっている。
主要内容は脆八翻、大八翻、小八翻、十八翻、十八歩、外八歩、里八歩、八歩纏身、緊八手などの内容を含んでいる。套路には金
剛翻、擒手翻、一字翻、叉子翻、綿掌翻、八卦翻、挿手翻、八路翻、鷹爪翻、磨盤翻、龍形翻、摔手翻、六手翻、鶏爪翻、少林翻、
掳手翻、大翻子などがある。
技術の特徴は 歩疾多密、連踩跑動、閃擺取勢、上下翻転(素早くきめ細かく続けて踏みこみ走る、そして除ける振り動かしはず
し上下にひるがえる。
含胸蔵鋒、嚀腰切寛(胸を含み刃を内に隠す、腰を捻り)。迅猛遒勁、韻復自如(迅速で強い力、繰りかえすリズムが自在である)。
基本の打法には冲、棚、挑、托、摔、劈、叉、刁、裹、扣、搂、鎖、封、蓋、圧などが有る。

「八折・bazhe・バーツァー」
武当拳の一種。伝わっているものには八套半の套路がある。すなわち龍式、虎式、鳳式、云燕、站山、下山、出洞、八折と逼龍珠。
その中で八折が難度が高く最大の套路である。八折は、地趟動作が多くあり民間の俗称で「九滾十八跌」(九回転がり、十八回転
びつまずく)拳譜には「有力で有れば頭の上に、力が無ければ両側を踏みつける」「十指で地をつかみ頭のてっぺんを上に、順歩
で腕を出し両肩を動かす」「頭のてっぺんは鉄のように、両手で肩脇を押さえ、手は綿の長い布、腰は鉄のように」。

「八極拳・bajiquan・パーチーチュエン」
八極拳=開門八極拳の項を見よ。

「八歩転・babuzhuan・バーブヂュアン」
甘粛地方の拳種。伝えられているところに戦国時代の孫武子によって作られた。一歩一歩奇正、拳は八方に打つ、そのため「八歩
転」と呼ばれる。
主に伝わっている地域は甘粛甘谷、臨桃、武威、蘭州などである、また青海、宁夏、新疆などの地域にも伝わっている。
この拳は真っ直ぐには歩かず孤形に歩く、八卦に似ているが八卦では無い。その手法は軽快、敏捷で、擒打、摔拿が主な手法である、
技撃手法は突出していて、東を指し西に上に下に打ち変化が多い。歩行は八卦、ぐるりと四方を見渡す、攻防を重視し兼ね備える。
腿法には踢、踹、踩、铲などがある。手法には推、挑、展、挿、靠などである。その他にも鑚法、挤法などがある。

「八卦拳・baguaquan・パーグアチュエン」
武術の拳種。全部で24路の套路が有り、上八卦、中八卦、下八卦に分けられる。套路の路線は直線で往復、動作は隙が無く整って
いる、勁力は剛猛であり、その要訣には「君が打つ、俺は防がない、俺が打つ、防ぐ事は出来ない」とある。基本の功力練習法には
蹲騎馬桩、抓坛子、挿豆子、踢沙袋などが有る。器械の套路には槍、套、棍、拐子、流星、双鈎などがある。山東、河北、河南一帯
に広く伝わっている。

「八卦七十二腿法・baguaqishiertuifa・パーグアチーシーアルトゥイファー」
八卦拳の一種。またの名前を「七十二暗脚」「七十二截腿」。尹福の子供、尹玉章が伝える。套路「三十六腿」とお互いに助け合い
補完する。全部で72招ある。
その脚技の多くは、秘密の技で隠されていて、変わることが多い、そのため別名「地煞腿(煞=祟り神、疫病神)」と呼ばれる。
天罡(北斗星)三十六腿、地煞七十二腿、合わせて百八腿となる。この腿法中で低腿法を主とし、また「天罡三十六腿」に不足した
「喜脚法」を補充する。その名前は「十八滾」「鈎圏脚」「里合腿」など。その秘密の腿法中に各種の摔法、跌法、逆関節、擒跌な
どの技術が有る、これは八卦門ではやらなければいけない多くの技術である。
この套路練習の腿法には走圏あるいは直趟単練を主とし、また違った方法が全部で7つ勢子甚低、無天罡腿、那種雷霆、万鈞之勢、
無声無息、近身傷人、防不勝防が有る、八卦各派には絶技が有るが、簡単には見られない。

「八卦三十六腿・baguasanshiliutui・パーグアサンシーリュウトゥイ」
八卦拳の一種、「伊福」が伝えた。その腿法は「陽」と「剛」が主である、明踢名掃、全部で36の形がある。腿法は雷鳴がとどろ
く勢いで行うため、別名「雷霆八卦腿」とも呼ばれる。その腿法は「八卦掌」に似ている、八卦掌の規則に従って、绕圏行走(円を
描きクルクル回る)また簡潔で実用的に直線に歩く事も有る。多くの高中腿のなかで「通天腿」「穿喉腿」「挂面腿」等々が有る。
伊福が八卦門に入る前に潭腿及び腿拳を練習していた、八卦門に入門後、伊福は師匠の董海川に、欲無くし前功を捨て去れと言われ、
そして縦に跳ね上がる型に直し八卦掌の掌法を加えて合わせて練習する事によりこの套路の腿法が初めて完成していった。
この方法は勇猛で、並はずれている、ただ飛び跳ねる動きはまったくない。脚は共に支えて、連続し進んで打つ、転換を眺めるは六
種類、脚は八法を制する「手是両扇門、全靠腿打人」と諺がある、この套路の腿法は八卦掌の補足として発展していった。

「八卦掌・baguaszhang・パーグアヂィアン」
武術の拳種のひとつ。別名は「八卦拳」「遊身八卦掌」「連還八卦掌」である。八卦掌は中華武術の主要な拳術の流派の一つである。
伝えによると清代中葉河北文安県朱家坞人「董海川」が作ったといわれる。19世紀半ば北京、天津一帯に広く流行する、八卦掌の
構成は多彩な掌法を取り入れている、八卦掌の運動規則は八卦の四正四偶と九宮歩であり、それが、名前の「八卦掌」の由来である。
八卦掌の基礎の訓練は「桩歩」と「転圏」である。八卦掌の総則には十六の種類が有るそれは穿、搬、載、拦、走、翻、寧、転、推、
托、帯、領、纏、扣、刁、钻である。その動きの特徴は「身体は素早く足は敏捷である」「歩くに従い変わる」「剛柔が互いに補う」
「勢いが連なっている」と言える。歩法に対する要求は「内側は真っ直ぐ外側には掛ける」「足を降ろすときには軽やかに」「膝を
こすり、脛をこする」「足を曲げて泥水を歩く」。練習時には「虚霊頂勁」「含胸空胸」「垂肩沈肘」「提肛抱膝」が要求される。
八卦掌の技術内容には「基本八掌」「大八掌」「八形掌」「六十四掌」「龍形八卦掌」「九宮八卦掌」「三十六明腿」「七十二截腿」
「八卦六十四散手」等が有る。八卦掌には単練、対練、散打などの形式がある。器械の種類は刀、槍、剣、棍、七星杆、子午陰陽鉞、
流星捶、風火槍、判官筆、
龍形鈎、龍形針などがある。

「八錦単拳・bajindanquan・パーグアダンチュアン」
八錦単拳=八錦拳の項を見よ。

「八錦拳・bamianquan・パーミエンチュエン」
甘粛地方の拳種。別名「八錦単拳」とも呼ばれる。 伝えによると清咸豊年間、甘粛蘭洲龍の四人の男達が八把式の2つの套路を一
夜で作る、その中には「八錦単拳」がある。この拳は主に甘粛蘭洲武威に伝わり、青海、新疆などの地方に広まった。
八錦拳の主な特徴は動作が伸びやか、あか抜けて美しい、リズムが鮮明で、敏捷活発である、手法、腿法、身法が敏捷である、内容
が豊富で、撃つ技が強い。拳譜歌訣によると「八綿拳は少林に生まれ、閉じられた扉から取り出した。」

「九節鴛鴦腿・jiujieyuanyangtui・ヂュユアンヤントゥイ」
九節鴛鴦腿=戳脚九技の項を見よ。

「九龍門・jiulongmen・ヂュロンメン」
峨眉拳の一種。清朝末年、峨眉道士陳黒皮が作ったと伝えられている、益陽に定住しその後湖南に転居し今に至るので百年以上の歴
史が有る。現在伝わっているのは長沙、望城、益陽および湖北などの地域である。拳術の套路には「太陽拳」「小綿拳」「老綿拳」
「九龍手」などが有る。器械の套路には「盤龍棍」「滾龍刀」「双龍锏」がある。九龍門の招法は龍形からの寓意が多くある、手型
には龍頭手が有る、歩型には盤龍腿が有る、手法には頂・磕・撃・抛・钻がある。手を出すときは悪賢く、腿法は低く胸の高さを超
えず、もっぱら下を攻撃し、時に応じて点穴擒拿をする。この拳の動作は伸びやかで、連綿とし途切れない、身体の近くで打つ、勁
力は深く沈め、身体と歩型は低く、身法は含み吐き出し浮きまた沈む。拳の言葉には「打洪門(大門)、走側門(狭い門)、龍の吐
く珠を取り出し、蹴る足は矢を打ち出すように、身を翻し近づく事は膠が粘るように行う、打つときは口づけするように行う。」

「九綱十八幅・jiugangshibafu・ヂュガンシーバフゥ」
拳種の一つ。言い伝えでは宋代開国の皇帝趙匡胤が作ったとされている。その後、江蘇沛県の漢青に伝わり趙(現在の河北省)金国
に広く広まった。趙から黒竜江虎林県に伝わっていく、現在主に伝わっている地域は江蘇と黒竜江などの地域である。九網十八幅は
全部で4路に分けられる。その特徴は伸びやかでゆったりしている、素朴で華美で無い、剛勁で有力、攻防を重要視する。練法は站
椿功法を重視する、打撃法には刺、撩、挂、戳などが主である。

「九宮八卦掌・jiugongbaguazhang・ヂュゴンバグアジャン」
八卦拳の一つ。八卦掌の走圏の他に、古代の五行の説による独特な九宮図を合わせ持つ。東方は震木、西方は兑金、北方は坎水、南
方は離火、中央は土で万物の始まりの意味を持つ。九宮八卦掌を練習するとき、まず木の柱を九本、九宮図に従い並べて立てる。練
習者は中央に立ち、九本の柱の中を縦、横に行き来しする、歩法は八卦掌の走圏をくり返す、しかしさらに活発に連続して回りをめ
ぐりその意を尽くす。九宮八卦掌の中には一種のきわめて卓越した、しかし広まっていない掌法がある、全部で9路あり、毎路一掌
あり、九宮図を一度回る。八卦門の中選りすぐられた、この掌法を行う者は能力が無くてはかなわず、伊玉章、黄柏年など、八卦掌
の拳師は大変保守的であり、故に優れた者は少数である。

「九宮太極拳・jiugongtaijiquan・ヂュゴンタイチーチュエン」
九宮太極拳=長寿拳の項を見よ。

「九宮旋転十二法・jiugongxuanzhuanshierfa・ヂュゴンシュアンジュアンシーアルファ」
武当拳の一種。これは武当の「太乙五行擒撲二十三式」の基礎の動功であり、またこれも独立した武術の套路である。この拳は武当
龍門派十五代伝人李合林 武道人 伝える。動作は腰につづき股を回す事を重んずる、 全身をゆるく自由に、形と意は合わせ従う、
呼吸は自然に。要求点は、腕を丸く抱える、脚は孤形に歩く、動きは蛇が進むように、カイコの繭のように柔らかく。「太乙五行擒
撲二十三式」の基礎としてこの套路を学ぶべば、拳の理論を把握する事が出来る。

「九還拳・jiuhuanquan・ヂュフアンチュアン」
甘粛地方の八門拳種、別名「九環捶」「九蓮環」と呼ばれる。この拳の特徴は素朴な套路で、一招一勢がはっきりして、力が有る、
毎動作には3つの練習法が有り、左、右、左がもう一度の3回。九還拳には大身法と小身法があり、大勁と小勁に分かれる。
大勁は大劈大砍を重んずる、身法は伸びやかで鷹揚で有る、勁力は素早く、勇猛である。小勁はすばしっこく活発を重視する、変化
が多く、巧みに勝つ。この拳の練功法は9個の動作の単独反復練習方法が有る、全てで81拳有る。動作は厳密で構成が整っている。

「九拳・jiuquan・ヂュチュアン」
陕西地方の拳種。「神妙九門拳、変化は万千ある」との説が有る。その風格と特徴は、動作が素朴で、きっちり整い、云手が多い。
主要な套路には、母子九拳、鉄靠子九拳、云手九拳、通臂九拳、黄山九拳、翻九拳、七九拳、華九拳などがある。

「九犁拳・jiuliquan・ヂュリイチュアン」
鷲拳門に属する。全部で9路有る。練功時には地面に草が生えているところで、跌、撲、滾、翻などで進み、前、後、左右に跳ぶ。

「九滾十八跌・jiugunshibadie・ヂュグンシーパーディエ」
少林地趟拳種。滾(転がる)跌(転ぶ、つまずく)等が主な動作である。九滾は「黄龍滾江」「鯉魚返江」「太子滾殿」「黒驢滾
氈」「美女晒靴」「鲲魚反刺」「纏倒踩腿」「金絞剪」「金紐銀釦」が有る。十八跌には「即死人騰床」「老兎蹬鷹」「下馬座泥」
「陰鎖陽鎖」「美女滾氈」「小鬼颠槍」「力推泰山」「浪里撑舟」「鯉魚釦腮」「葉底蔵花」「千斤闸」「夫子躬手」「倒身撥龍」
「倒朝日」「拌跤」「黄狗当道」「二郎担山」「仙人指路」が有る、跌撲滾翻の中のいたる処に暗合する撃方法があり、敵をうち
負かし勝つ。

「九翻子・jiufanzi・ヂュウファンツー」
九翻子=戳脚翻子の項を見よ

「刁家教・diaojiajiao・ディアオジャジアオ」
広東地方の拳種の一つ。伝えによると広西臨江府から広東梅県地区につたわる。最初に伝えたのが刁家の兄弟であり「刁家教」と
言う名前が付いた。全部で108式あり口、品、金、照鏡、穿楊、工、井、整の八字の組み合わせが有る。その特徴は守りが主であ
り攻撃は補う、借力反撃、柔の中に剛を含む。

「義和拳・yihequan・イーフーチュアン」
拳種の一つ。伝えによると義和団の頭領の一人張義が伝えた物とされる。この拳は手、眼、身、法、歩、精、神、気、力、功の運
用を重視する。張義はかって山西省平定県一帯で義和団を組織した時、この拳を教えたであろうと思われる。それ故山西省平定県
一帯で流行した。義和拳には徒手套路が1〜5段有る、器械套路には風火圏1〜6段、義和六合刀1〜8段、斉眉花棍1〜6段な
どが有る。拳と器械の套路は、動作内容が構成が整い力が有る、剛柔がそろい、活発で変化が多い。拳勢は外形を強調せずただ打
つ事を求める。

「義善拳・yishanquan・イーシャンチュアン」
甘粛地方の拳種。別名に「酔単拳」「身法拳」「外場拳」。架子拳に属する(甘粛蘭洲の方言では「単拳」「架子拳」と呼ばれる)
この拳は表演を重んじる、練習中には酔態と酔意を持ちながら、動作は生き生きとして活発、等を合わせて持つ特徴が有る。演練
時にはこの拳の基本功が高く要求される。拳歌訣には「手を開き、まず朝日式、酔って転んで、跳び仏像に参る、片手で和尚が教
典を見る、達磨が堂に戻る、阿弥陀は降魔杵を引き起こす、護法手は天衣をまとう事を指す。」

「三十六路宋江拳・sanshiliulusongjiangquan・サンシーリュウルーソンジィアンチュアン」
南拳の拳種の一つ。特徴は腿法を主に使い、手はそれを補う。攻めるときには脚で打つことが比較的多く、胸腹より下の部分を重
点的に打つ。手法は掌、拳、勾の他に鷹爪と五雷静打を多用する。歩型は中ぐらいと低い姿勢を合わせて用いる。歩法は梅花歩を
多用する。拳を練習する時に声を発しない、「口を開けば気が散る」との説がある。主要な套路には「大蓮歩」「小蓮歩」「陀拳」
「単白鶴拳」「双白鶴拳」「鉄籠関虎」などがある。

「三義拳・sanyiquan・サンイーチュアン」
山西地方の拳種。清健熙年間に甘粛の李尊紀が造ったと伝えられる。李尊紀が淅江仙居県任正堂に居たとき、捕快(罪人を捕らえ
る役人)二人と武術を学び友情を深め、三結義(義兄弟のちぎりを結ぶ)を成す。以前からあった、各種の拳術と剣術を編成して
「三義拳」が作られたる。徒手が三路、刀術と棍術が各一路、散手一路が有る。
この拳の特徴は拳架が整い勢いが小さい、攻防の技術が謹厳、神気意が合う、変化がめまぐるしい。李の第三代に山西臨奇に居を
移し、三義拳を伝える、今では代七代で、代表的な人物には李永安がいる。

「三皇炮錘・sanhuangquan・サンファンチュアン」
伝統拳種。 北京、河北、山東一帯で流行する。「三皇」とは「天」「地」「人」を指す、別の呼び方には「三才」がある。套路は
七往復有る。拳法には開門、劈山、連環、転角、十字、脳后、瀉肚、冲天、撩陰、扎地、窟心、七星炮以上合わせて「十二炮拳」
と称する。基本功は馬歩站椿が主に行われる、両足を前、横、後へ順に不丁不八にし、両足で立つ、両膝を外に回し、両腿を圏
襠にして、臀部を収める。建国後この拳は全国武術大会での表演種目になった。

「三教門拳・sanjiaomenquan・サンジィアオメンチュアン」
三教門拳=十字蓮花拳の項を見よ。

「土拳・tuquan・トゥチュアン」
少数民族に伝わる拳種の一つである。これは湘西土家族人に伝わる地方の拳種である。歴史は古く、その源流は四千年以上も前に
土家族の武術として生まれた、明代の末期から清代の初めにきわめて発展して独特の風格が生まれる。
土拳の手法は比較的多く、拳名には「手」が多く付く、拳の特徴は密で活動範囲は小さい、常に五音を発し気の助力とする、技法
は短打の接近した攻撃が多い、動作は迅速、拳勢は猛烈である。拳術の套路には基本拳、十二手、小一手、総手大芸などがある。
器械套路には七星双合剣、宮天櫛などある。

「大成拳・dachengquan・ダァチャンチュアン」
別名「意拳」とも呼ばれ、1940年代、王芗斋が新しく創作した拳種である。王芗斋が北京において、形意拳の基礎と太極拳の柔
の力、八卦掌の霊活な身法、少林拳のの立禅など、三種の拳のよい点を取り入れ「大成拳」を作る。この拳の基本の練習法は站桩
功、試力、摩擦歩、発力、試声、推手、実作など七種の方法がある、是を称して「七妙法門」と呼ぶ。大成拳の主な特徴は技撃性
がとても強く、実践の効果が高い。

「大架拳・dajiaquan・ダァジィアチュアン」
大架拳=孫膑拳の項を見よ。

「大悲拳・dajbeiquan・ダァベイチュアン」
少林拳の一種。伝えによれば河南登封少林寺の懸宗和尚が伝えたとされる。動作は伸びやかで鷹揚、下盤の功夫が多い。要求され
ることは外は四角く内が丸い、拳打は八方、四正四隅に行う。全部で159式。その主要な手法は出、領、起、載がある。必要なこ
とは意識を用いて力を用いないこと、動中に静を求める、虚実が分かれる、虚領頂勁、松肩垂肘、松腰収臀、上下左右前後相随、
気沈丹田、呼吸と動作を結合させるなどである。

「山西母子・shanximuzi・シャンシームーツゥ」
西北地方の拳種。伝えに寄れば200余年前から山西に伝えられ甘粛泰安、張家川一帯に伝わるとされる。この拳の套路は短く精悍、
動作は簡単で実質的、快速猛烈で、精神をみなぎらせ、勁力が充満し、単練に長じている、また対練、対打などもある。功法練習
は錘法、靠法、単切、双切などの手法が主要動作である。さらに里踩、外踹、金箭跤などの腿法がある。

「小大鵬拳・xiaodapengquan・シィアオダアパンチュアン」
小大鵬拳=五行鷲拳の項を見よ。

「小伏虎拳・xiaofuhuquan・シャオフーフーチュアン」
南拳拳種の一つ。広西に伝わっている。この拳には南拳に含まれる常用の弓歩、馬歩、跪歩、拐歩、虚歩などの主要な歩型が含ま
れる。手法は拳。掌、爪、鈎、挑などが有る。

「弓力拳・gongligquan・ゴンリーチュアン」
山西地方の拳種、内家拳に属する。山西の趙蓮(1657-1748)が作った。その特徴は身体が弓のように反り、腕が矢のようにのび、
突然発力する。弾力のある勁は巧みに使い巧みに変化し、手、眼、身、法、歩、精、神、気、力、功などが高度に統一される事で、
弾抖力、対称力、螺旋纏絲力と指力を重視する。
主に広まっている地方は山西楡次、祁県、太源、陽泉、大同、河北張家口などの地である。

「馬形・maxing・マーシィン」
形意十二拳の一つ。馬形には手綱を下げるの意、毛を震わす威力、蹄跡の功、山から谷に飛び込む勇。形意拳の拳譜に有る馬形の
歌には「馬には手綱を下げ疾走し、谷を跳び越え風の如く進む。丹田は気を抱き双拳は左右の冲拳が真なり。」

「馬猴螳螂拳・mahoutanglangquan・マーホウタンランチュアン」
六合螳螂拳の別称。
六合螳螂拳の項を見よ。

「子午拳・ziwuquan・ズウーチュアン」
拳種の一つ。この拳の攻防注重んじることは中心線である、歩法は三角歩、蛇形歩を多用する。その風格は閃躱跳躍、埃肩擠靠、
擒拿短打、呑吐沈浮、飛騰縦歩。

「子母少林拳・zimushaolinquan・ヅームゥシャオリンチュアン」
少林拳の一つ。伝えに寄れば三国時代の趙子龍による「串錘門」が後年に伝わり変化して出来た。この拳の全套動作は相互に貫通
し、内容には格闘、擒拿など多種の動作が含まれている。

「子母連拳・zimulianquan・ヅームゥリィアンチュアン」
八門拳に属する。主に広まっていたのは甘粛、蘭州、武威地区である。主要な動作には粘、連、擒、捆、破、纏、滾、脱の八法が
あり、跳躍、閃展、騰挪及び拳、肘、展、腿各方法、動作が緊密、霊活多変に配合される。拳譜歌訣では「一打子母串連子、二進
八法緊相連、三出弯炮五点梅、四動四歩撥千斤、五打五路梅花炮、六進金鈞釣鳌魚、七有手足並肘膝、八打八爻有三挑。」

「子母綿掌・zimumianquan・ヅームゥミィアンジャン」
形意拳種の一つ。形意門蛇形拳を作り直した物である。この拳の招法は左右に分かれる、手法は陰陽で拳と掌が変わり、剛柔、攻
防がならび連綿と繋がる、それ故に「子母綿掌」と呼ばれる。子母綿拳の基本的な功法には静功八桩と動功十二勢がある。
その風格と特徴は 内に剛勁を含み、外には軽く柔い、腕は翼のように、脚は三日月に似る、歩は流星。常用する手型は蛇掌、歩
型は蛇形一文字歩法を用いる。主な套路は子母綿掌大掌、子母綿掌小掌、三才子母棍などがある。

「六大開拳・liudakaiquan・リュウダァカイチュアン」
六大開拳=開門八極拳の項を見よ。

「六字門・liuzimen・リュウツーメン」
六字門=魚門拳の項を見よ。

「六合拳・liuhequan・リュウハァチュアン」
拳種の一つ。満州属の佟忠義とその娘佟佩云に受け継がれ家伝の套路に発展していく。1928年以降佟忠義は上海に住み六合拳を
指導した、その後徐々に南方に広まっていく。六合とは東、南、西、北、上、下の六方向で、前後、左右、上下を同時に配慮する、
手は目と合い、歩は身と合い、智は力と合う事を重んじる。練拳時には龍、虎、鶴、兎、猴の五形と乾、坎、艮、巽、離、坤、兌、
震の八卦の方位をなぞるように行う、動くときには龍が泳ぐ如く、止まるときには虎が伏せるように、鶴のように軽く、素早さは
賢い兎のように、敏捷さは猿の如く、架式は威力があり真っ直ぐに延び、強く勇ましく俊敏である。六合拳の套路は72式有る。
例えば「力士分牛」「鯉魚分水」「仙人指路」「武松打虎」「転身朝佛」「童子拝佛」「大鵬展翅」などがある。入門基礎の拳術
には「十二路潭腿」「迎門炮」「行龍拳」「化功拳」などがある、また「行拳」「六家拳」「八歩行拳」「梅花変」「四路拷打」
「七十二把擒拿」「摔跤」などがある。
器械には「六合刀」「六合剣」「六合槍」「行刀」「砍刀」「春秋大刀」「行者棒」「八仙剣」「三節棍」「孫膑拐」「双戟」
「双鈎」等がある。中華人民共和国成立後、六合拳は全国武術表演大会の項目になる。

「六合通臂拳・liuhetongbiquan・リュウハートンビーチュアン」
通臂拳の一つ。清代末期淅江の人、祁太昌が父親祁信から受け継いだもので「通背猿猴」の基礎の上に新に加えて六合通臂を作る。
通臂拳の項を参照。

「六合螳螂拳・liuhetanglangquan・リュウハータンランチュアン」
螳螂拳種の一つ。別名「馬猴螳螂」とも呼ばれる。動作は勁法は柔らかく「軟螳螂」とも称される。六合螳螂の拳理に有る内三合
(心与意合、意与気合、気与力合)外三合(手与足合、肘与膝合、肩与股合)の要領を取り入れる、勁力は剛、柔、明、暗、滑の
五勁に分かれる。套路には「短錘」「双封」「鉄刺」「蔵花」「仙手奔」「照面灯」「截手圏」および「六合摘要」「九十三手」
等がある。

「六家芸・liujiayi・リュウジアイー」
六家芸=魚門拳の項を参照。

「心意六合拳・xinyiliuhequan・シンイーリュウハーチュアン」
形意拳である。形意拳は三百年以上前から伝えられている、各地域でそれぞれ特徴が有る。習慣的に各地で違う名前で呼ばれてい
る。河北、山西一帯では「形意拳」、河南、陕西、四川などの地区では「心意六合拳」と呼ばれる。実際には同源で異功となる。
心意六合拳は鶏歩と桩歩を基礎とし、龍、虎、猴、馬、鼍(鰐)、鹞(ハイタカ)、燕、蛇、骀、鷹、熊等の十二形単練は除く、
また龍虎頭、上、中、下の四把捶、横開鎖、十形合一、百形把等套路などが有る。拳架は勇猛剛烈、勁力が豊かで十分である。

「開門八極拳・kaimenbajiquan・カイメンパーチーチュアン」
拳種の一つ。別名で「開拳」「開門拳」「八極拳」「岳山八極」などとも呼ばれる。早くには【拳経】の中では「八子拳」或いは
「钯子拳棍」と呼ばれていた。伝えによると清代康煕年間に、河南焦作の岳山道人が呉鐘に伝えた、清代末明代の初めに「開門八
極拳」山東慶雲県から河北滄県、京津一帯に伝わっていき、つづいて全国に広まっていく。いわゆる「八極」とは八方のきわめて
遠いところで、出典は【淮南子】「八紘の外に八極がある(大地の果ての果て)」【后漢書】「恢紘大道、八極を覆う」。
また「開門」とは功法を用いて相手の防御を崩し戸を開けるの意味である。開門八極の主要な内容は六大開「頂、抱、担、提、跨、
纏」がある。八大招「迎門三不過、眼望三箭手」「漫拉架子、快打拳、急打招」、48個大架子、64種手法など。練拳時には八
極架子等基礎を行う、分行趟、坐趟、短打、行劈肘などある。動作は簡潔で素朴、発勁は素早く有力、套路は短く精悍。勁道は崩、
撼、突、撃、換、戳、挤、靠に求める。歩法は震脚、闯歩を主に用いる。套路は勢いが険しく短い、声で拳勢を助ける、気勢激し
く敵に迫る。

「開門拳・kaimenquan・カイメンチュアン」
開門拳=開門八極拳の項を見よ。

「開拳・kaiquan・カイチュアン」
開拳=開門八極拳の項を見よ。

「天罡気拳・tiangangqiquan・ティアンガンチィーチュアン」
武当拳の一種。伝えによると武当の玄武大帝には二人の大将がいて一人は「天罡」、もう一人は「太乙」でこれが拳名の由来であ
る。天罡気拳を学ぶ方法は単勢から学び始め、位置勢を熟練し、更にその後に一勢を学ぶ。固定した套路や拳の形は無い。拳を学
び功成り得た後には各勢はお互い連貫し、不断に継続する。

「天罡手三十六・tiangangshousanshiliu・ティアンガンショウサンシーリィウ」
四川南拳の一つ。
天罡手三十六=四川南拳の項を見よ。

「云龍九現八陣図・yunlongjiuxianbazhentu・ユンロンヂュウシィアンバーヂィエントゥ」
山西地方の拳種、内家拳類に属する。太極、形意、八卦などを合わせて一体としたもので、全部で81勢あり、前と後の二節に分
かれ、意を以て気を運ぶ。本拳の源流は不明である、山西の拳師史雄霸が伝えたとされる、伝わった地域は広くない。

「韋陀六合拳・weituoliuhequan・ウエイトウオリィウハオチュアン」
少林韋陀門に属する。言い伝えによると宋の将軍呼延賛が伝えたとされる。清嘉慶年間に呼延福田、呼延禄田の二兄弟が河南林県
で趙乃保に伝える、現在は山西左権和順、楡社一帯に伝わっている。六合とは、内三合(精、気、神)、外三合(手、眼、身)の
事を指す。重んじる点は騰、閃、刺、扎、虚、実、巧打である、特に重要なことは推手、演手、纏手、搏撃である。「春は耳を打
たず、夏は心を打たず、秋は脇を打たず、冬は陰を打たず」の説が有る。特徴は剛柔兼ね備え、手と脚を互いに用い、意は丹田に
有り、動作は自然である。

「五行通臂拳・wuxingtongbiquan・ウーシントンビーチュアン」
通臂拳の一種。淅江人祁信が伝えたとされる、祁家老派に属する。別名心跡派とも呼ばれる。最初は站桩功、その後単勢を学ぶ。
定歩から行歩に至る、段階的に練習する。総称は通臂散手、単勢は200余り、分は36式有る、要求は動と静、虚と実、剛柔、緩急
をはっきりとする。練習時には先に柔、後に剛、その後に剛を柔に変え、外練で体を鍛え、内練で気を調整する。

「五行鷲拳・wuxingjiuquan・ウーシンジィウチュアン」
小身子の拳種。または小大鵬拳とも呼ばれる。清嘉慶年間山東蓬莱唖道人が拦州に来て王克聡に伝える。この拳の重んじることは
巧勁、不用座力、多縦前跳躍、閃展騰挪、猴進狗退、飛擒刁打などである。拳譜の中には「大如金剛小如猴」と書かれている、鷲
拳の特徴がある。歩法には釘、弓、扭、歪、不丁不八がある。手法には展如胡蝶、一二指禅功等有る。腿法には尖子功、点啄分奔
等有る。主要な動作には蜜蜂乱采花、喜鵲登枝、喜鵲登梅、孫膑拄拐、叶底盗桃、弥勒佛倒坐山門、開門跺子等がある。

「五花炮・wuhuapao・ウーハーパオ」
形意拳種。この拳は護花手法を多用し、五種類の基本式が変化して多種類の招術になる。伸びやかで快速、発力が充実して居るこ
とが特徴である。

「五枚花拳・wumeihuaquan・ウーメイハーチュアン」
峨嵋拳種。伝えによれば峨嵋山の僧侶が伝えたとされる。現在台湾などの地に伝わっている。この拳は七路「七星拳」から始め、
その後「梅花形之桩上」套路を学ぶ、全部で65路の套路がある。腿法が42種類有る。手法は掌爪をよく使う、慣用的に両脚で
蹴る事がある。拳法は「有形無形、無中生有」と称される。

「五祖拳・wuzuquan・ウーズーチュアン」
福建南拳種。別名「五祖鶴陽拳」と呼ばれる。厦門、泉州、漳州、普江、龍渓などに伝わっている。伝えによれば咸豊年間福建普
江人蔡亦明が作ったとされる。蔡が幼いとき、最初に河南鶴陽拳師から学ぶ、師の没後、蔡は鶴陽拳師の棺を河南に送り帰す、そ
の後の十年は師を求め、武芸に磨きをかけ、ついには白鶴、羅漢、猴、達磨、太祖の五種の拳派の基本の内容にたどり着き、五祖
拳を作り上げてた。五祖拳は身を揺する、腰と肩を左右に動かし腕を振り動かす、両手両腕を素早く振るい動かすことを重んじて、
弾勁を発する。五祖拳の主要なものには三戦、二十拳、挑闸、打四門、清風拳、連城拳、頭扎、二扎、三扎、中管拳、千字打など
の拳術套路がある、器械套路には開山斧、青龍大刀、双拐、水火棍、斉眉棍、钯、板凳、鋤等がある。単練または対打対練が出来
る。その他にも拧筷子、抓坛子、拧棒、扔砂袋、打肚、撃胸、排肋などの功力練習もある。

「五祖鶴陽拳・wuzuheyangquan・ウーズーフーヤンチュアン」
五祖鶴陽拳=五祖拳の項を見よ

「五勢梅花桩・wushimeihuazhuang・ウーシィーメイファチュアン」
梅花拳種。「架子」「成拳」「拧拳」の三部から成り立っている。「架子」は基本功で桩歩、行歩がある。桩歩は動かず、大、順、
拗、小、敗の五勢が主である。行歩は動く、揺、撒、扎、の三法が根本である。「成拳」は「架子」を一歩高めたものであり、四
門八方を制して、両人または多人数での対練がある。「拧拳」の対練には无定手、絶手乱拳、連環脚得意手、借勁而撥、随意而勁、
見空按豆、拳无空手、歩无虚行がある。架子、成拳は全て拧拳の為の練習であり、他には桩上歩点、方位、行歩严格などがある。
俗称で「落地梅花」と呼ばれる。

「太乙門拳・taiyimenquan・タイイーメンチュアン」
武当拳種の一つ。この拳は湖北武当山を源流とする説があり、武当の玄武大帝の武将「天罡」「太乙」の二人の大将が伝えたとさ
れる。一説には山東から伝わったとされる。この拳では「動くときには雷の閃光のように」「静かな時には厳寒に冬眠するように」
「形は鯉が龍門に跳ねるように」。太乙拳、太乙対拳、対乙散拳、四路金剛拳、八紀拳、太乙刀、太乙剣などの套路がある。

「太行意拳・taixingyiquan・タイシンイチュアン」
太行山一帯で伝わっている民間の拳種である。元出は山西潞州澤溝村において随唐時代に師広林が作った。初めは「太陽功」「悟
真大道」と呼ばれていた。宋代、師徒の時に「混元功」と名前が改まる。元代の師宇清により「意拳」と改名される。清代中期に
「太行意拳」と正式に改名される。太行意拳の特徴は自然で無造作、伸びやかで活発、套路が無い、ただ站桩功功がある、静止が
多く動きが少ない、気沈丹田を行わない、内在を重んじる、養身が有る。太行意拳は山西で起こり、山東、河北、河南、に伝わり
現在では抗洲。沸山、南海及び香港やカナダに広まっている。

「太极元功・taijiyuangong・タイジィユゥアンコン」
内家拳種の一つ。八極、形意、太極、八卦の四種の拳術のエッセンスを一体化した物である。伝えによると清代晩期張と言う宮廷
庫官が独自に作ったとされる。主に伝わっているのは河北省任邱県。第二代伝人は”快手李”と呼ばれた「李思荣」。第三代伝人
は”漁鷹張”こと「張克寛」。第四代伝人は「常煥章」。この拳の主要な特徴は剛にして強ばらない、柔にして不断、快にして乱
れず、慢にして滞らず。歩法は虎歩を主にもちいる、四門転走、歩法中に求められるのは変化して進んで攻撃する。その練習に置
いては外、活に置いては内、この一套は技撃、健身的な内家拳術である。現在この拳種は二つに分かれている、一つは北京の韓荫
甫、重視することは単操と散打。別の一つは吉林市の常煥章で、元の套路と基礎を重んじ、その上に新に発展させた太極元功の拦、
将、济、按、擒、領、肘、靠、纏、砸、拓、抖、化、環、転、走の16法がある。

「太极五星捶・taijiwuxingchui・タイジィウーシンチュイ」
太極拳種の一つ。伝えによると李瑞東と王蘭亭の二人が作る、五捶から成り立ち、全部で88式、春、夏、秋、冬の4路に分かれ
る。招数が多く、難度が高く、架式は低い。五捶には指襠捶、肘底捶、撇身捶、反肘撇身捶、双撞捶がある。その要求は太極拳と
同様である、腰を軸にして、心静自然、動作は軽く柔らかく、安定伸びやか、協調して整う、上下合い揃う、円滑自然、連貫均一、
綿綿不断、一気呵成等の要求がある。その中には形意、八卦手法など含まれる。伝わっているのは北京、天津、華北一帯である。

「太極拳・taijiquan・タイジィチュアン」
武術拳種の一つ。数百年来。太極拳は民間で広く伝わる、ただし太極拳の起源は多くの説が有り一つではない。一つの説は唐代に
許宣平が伝える。また一説に寄れば武当山の道志張三豊が作ったとされる、【大和山志】に寄れば、張三豊が武当山において「太
極陰陽の奥深く磨き、亀と鶴の動きを静観し、長寿の源を探求し・・・」云々。ただし、武術史家の唐豪などの考察では上記の両
説とも否定的な意見が多い。現在では、太極拳は明代末から清代初めの河南温県陳家講の陳王廷(陳式太極拳老架式の創始者)が
作ったと言う説が有力である。陳氏は、民族の英雄「戚継光」の「三十二勢長拳」を取り入れ、その他も各家の名拳の精華や古代
の導引吐納の技術を結合し太極拳を作り出したとされる。これ以前にも人々は「長拳(動作が長江のように水が滔々と流れる様な
動作からの名前)」或いは「綿拳(綿々不断な動作から)」を知っていた。清代乾隆年間に到ると、山西の民間武術家、王宗岳が
【周易】を根拠として、太極陰陽の哲理から拳理を詳しくのべるた【太極拳論】を書き上げる。これから「太極拳」の名称は武術
界で普遍的に使われるようになる。太極拳の発展過程の中で陳式、楊式、呉式、武式、孫式の五代流派が徐々に形作られていった。
各派それぞれ特色と風格が違うが、基礎となる技術構成規範は大同小異である。要求は心静意転、呼吸自然、柔和緩慢、圓活完整、
協調連貫、軽霊沈着、虚実分明などである。拳以外では対抗性の推手と粘槍、刀、剣、大杆などの器械がある。中華人民共和国建
国以来、国家体育委員会が身体の鍛練、体質増強に有効な手段として、広範な大衆、特に中老年の比較的体質の弱い人たちも愛好
できると押し進めた、また太極拳関係者や専門家を特別に招へいし、多くの良い方法を集めて【簡化太極拳】【四十八式太極拳】
【八十八式太極拳】などを作る。愛好者はこれらを段階的に学習していく。

「太極螳螂拳・taijitanglangquan・タイジィタンランチュアン」
梅花螳螂拳の別称。
太極螳螂拳=梅花螳螂拳の項を見よ。

「太空拳・taikongquan・タイコンチュアン」
武術拳種。太空(宇宙)の動きから付けられた名前である。 元は1960年に湖南省武術教練劉杞榮が、太極原理を元に、通臂、劈
挂の神髄、摔跤の動作を加え新に拳種を作り出した。現在湖南長沙、湘潭、株州、沅江、邵陽などの地域で広まっている。全部で
拳術套路は六路、太空子午棍一路がある。その特徴は勁路がま纏わりつくように、静動四方、肌皮膚骨節を張り出し開く、身体を
回転させ螺旋運動をする、高低に起伏が有り、攻守をくり返す、速度は均一、四面八方に大きく開き大きく合わせる、剛柔相済し、
手指に勁が貫く、それら歩自然に合わせる。

「太祖拳・taizuquan・タイズーチュアン」
長拳拳種の一つ。別名「太祖長拳」とも呼ばれる。伝えに寄れば宋の太祖「趙匡胤」が作ったとされる。明・戚継光【紀效新書】
の「宋の太祖長拳三十二勢」と有るのは太祖長拳のことである。手型、歩型などははみんな長拳類と同じで、唯一特徴的なことは
八字歩が比較的多く用いられる。拳の型では拳心を上に向ける、俗称「老親翻拳」と呼ばれる。際だっているのは「剛、猛、緊、
穏、小」の五字で表す。套路には太祖長拳、紅拳、洪拳、神拳などがある。器械套路には太祖棍、九龍棍などがある。

「太和六路拳・taiheliuluquan・タイハーリィウルーチュアン」
武当家南派拳種である。全部で6個の套路が有る。進歩捶、倒陳式、左斜法、倒陳架、冲天炮、臥地龍の6個である。主要な動作
には百鳥朝鳳、左右楊鞭、仙人照掌、快蟒翻身、三環套月、鉄拐蹬炉、鴛鴦双飛、倫梁換柱などがある。

「少林十八羅漢手・shaolinshibaluohanshou・シャオリンシィバァルオハンシュオウ」
少林拳の一種。言い伝えによると達磨が作ったとされる。ぜんぶで18種類の手法、朝天直拳2手、排山運掌4手、黒虎伸腰4手、
鷹翼舒展1手、揖時鈎胸1手、引く挽弓開隔1手、緊豹露爪1手、腿力跌蕩4式、これらの全てで十八羅漢手と称される。

「少林十三抓・shaolinshisanzhua・シャオリンシィーサンズア」
少林拳の一種。伝えによると元朝時山西太源白玉峰で作られる。「少林十三抓」には龍行、蛇弯、鳳展、猴霊、虎座、豹頭、馬蹄、
鶴嘴、鷹抓、牛抵、兎軽、燕抄、鶏蹬など13種類の動作が有る、併せて重んじる事は「爪」での抓、拿、撩などである。この拳
で重要なことは歩は素早く、風のように動き、脚は雷のように、肩は下げ首を伸ばす、心を平らにして気を下げることである。こ
の拳には「力不打拳、拳不打功、攻不打法、法不打芸」と「死、活、合、」の練功法がある。技撃法は独特で「抓」法を瞬間的に
「速、頂、扣」の3つに変化する。套路には「単趟」「四門」「対拆」などがある。

「少林十字戦拳・shaolinshizizhanquan・シャオリンシィーズーヂェンチュアン」
少林拳種の一つ。
少林十字戦拳=少林五戦拳の項を見よ。

「少林八歩連環・shaolinbabulianhuan・シャオリンパーブーリィエンファン」
少林拳の一種。套路の構成は簡単ではあるが套路中には、往復2段8種類の歩法、7種類の拳法、3種類の掌法、4種類の腿法、
2種類の拿法、1種類の靠法、および1個の守勢、1個の誘勢、2個の重勢で全部で22個もの動作がある。技撃、攻防の変化は
大きい。

「少林心意門・shaolinxinyimen・シャオリンシンイーメン」
少林拳の一種。伝えに寄れば福建泉州少林寺が源流とされる。少林心意門は鼠、牛、虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猴、鶏、狗、猪の
十二の動物の象形を主体に、子、丑、寅、未、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥の十二支をあわせる。踢、打、摔、拿を重視して
訓練する。入門基本功には站桩功、抖鞭子、甩沙包、拉滑車、打沙袋、踢木桩、排打、挙石担、甩石鎖などがある。基礎に徒手単
練を行わなければ成らない。その後対練、散打、擒拿、摔跤、また器械でも単練、対練を経て、実戦練習を行う。器械には纏絲槍、
三才剣、盤龍棍、板橙拳などの器械套路がある。

「少林五形八法拳・shaolinwuxinbafaquan・シャオリンウーシンバァファチュアン」
少林拳の一種。拳弾一体、内外合一、神形兼備が特徴である。内容は龍、虎、豹、鶴、蛇の五種類の拳の形が有る、また内功、意
念、外功、拳、腿、擒摔、身法、発声を用い八種類の功法の鍛練を含む。この拳は構成が謹厳、剛柔相間、簡煉朴実である。

「少林五虎拳・shaolinwuhuquan・シャオリンウーフーチュアン」
少林拳の一種。主に伝わっているのは河南、河北、黒竜江などの地域である。1928年、軍閥の石友三は少林寺を焼き討ちする、
少林寺の僧释行春は師の释徳深に従い下山して避難した。1939年释行春(俗名尚宝春)は東北を行脚して、少林五虎拳を伝えた。
この拳の特徴は摩経、拧筋、骨転、螺旋走化、以気領先、以気行力、一気貫通、内外合一、剛柔相済、内径為主、抖将発力などで
ある。

「少林五戦拳・shaolinwuzhanquan・シャオリンウージィアンチュアン」
少林拳の一種。五戦拳とはすなわち脱戦拳、大戦拳、十字戦拳、短戦拳、合戦拳である。学びやすく実用的である。

「少林五拳・shaolinwuquan・シャオリンウーチュアン」
少林拳の一種。龍、虎、豹、蛇、鶴の形から五路の拳術を創作する。龍拳は練神、虎拳は練骨、豹拳は練力、蛇拳は練気、鶴拳は
練精。

「少林合戦拳・shaolinhezhanquan・シャオリンハージィアンチュアン」
少林五戦拳の中の対練套路。全部で6路、それは踢、打、摔、擒拿が主である。もっとも重要な物は擒拿技法である。「少林五戦
拳」を参照。

「少林柔拳・shaolinrouquan・シャオリンロウチュアン」
少林拳の一つ。拳式は荘厳で伸びやか、変化が多く、意で形を導く、心静かに、意念が先に、後で動作が続く、拳を行うときは深
みが有り、むらなく均一、緩めて静か、柔でもって剛を制する、剛柔あわせて持つ。

「少林昭陽拳・shaolinzhaoyangquan・シャオリンザオヤンチュアン」
少林拳の一つ。全部で4路ある。古い伝えによると昭陽拳の歌訣では「朝陽出世探馬拳、偸脚掂歩下単鞭」とある。

「少林拳・shaolinquan・シャオリンチュアン」
武術の拳種。始まりは嵩山少林寺でその名前が付いた。代々伝わる少林拳は中国禅宗の創始者、菩提達磨が造ったと言う説がある、
しかしこの説は正しくはない、ただし少林寺の僧の多くが武術の研鑽練習をし、拳法を習う歴史的事実ははっきりとしている。早
くは南北朝と隋唐の時代に、大勢の少林寺の僧が古代の健身術の基礎を研究し、その上に色々な武術の長所を広範囲に吸収し、総
括し特色のある拳術を生み出した。宋代以降、少林武術は前後して太祖長拳、韓通の通背、馬籍の短打など十八家の拳法優れたと
ころを集め、拳譜を作成し後世まで伝えた。元代と明代の両時代に到ると、少林拳は長期の研練の結果、次第に発展してゆき、拳
法、器械などの体系が完整してゆき、深みがあり巧みな武術流派になる。少林拳は単練と対練の二つに分かれる、単練は少林五拳
(龍、虎、豹、蛇、鶴)、大小洪拳、羅漢拳、老洪拳、炮拳、長拳、梅花拳、朝陽拳、通背拳、長護心意門、七星拳、関東拳、青
龍出海拳、護身流星拳などの套路がある、対練には六合拳が有る。器械には十八般兵器があるが、その中で棍術が一番有名である。
少林拳の套路は名称が多くある、先に挙げたものを除き、少林十二式、少林七十二式、少林虎戦拳、少林十字戦、少林脱戦拳、少
林石頭拳などなど。明代末、清代初め幾人かの武術家が福建、広東の南少林寺に武術を伝え、反清復明を宣伝する、この時から少
林拳は南派と北派に分かれる。河南嵩山少林寺の一派を北派、福建、広東少林寺一派を南派とする。北派は剛に重きを置く、南派
は柔に重きを置く。南派少林拳の主要な門派には洪家拳、劉家拳、蔡家拳、莫家拳、咏春拳、白鶴拳、南派螳螂拳、佛家拳、潭家
三展拳などがある。

「少林脱戦拳・shaolintuozhanquan・シャオリントゥオザンチュアン」
少林拳の一種。
少林脱戦拳=少林五戦拳の項を見よ。

「水滸門拳・shuihumenquan・スイフーメンチュアン」
武術拳種。言い伝えによると水泊梁山から出てきた拳で、北方に伝わる。この拳が重んじるのは「手提げ両扇門、全憑腿打人」で
手法が腿法の攻撃を援護する。その特徴は拳架が快速、敏捷で、転折の変化が多く腿法は特に多い。腿法は手と腿を配合して上中
下の3つを連ねて防御と攻撃を行う。常に身を伏せ機会をうかがい、負けの中で勝ちを取りに行く。この拳には18の趟(高い趟
は9、低い趟は9)が有る。108手、72行腿、九滾、三来子、三金盆、三麻花が有る。

「水滸拳・shuihuquan・スイフーチュアン」
武術拳種。別名「九滾十八跌」「八来三偷十三歇」。整套は全部で3段で出来ている。特徴は脚の指先で着地する、全身でぶら下
がる、爆発勁が多い、腿撃を多く用いる。整套は一つの「敗」の字で貫かれている、「敗中取勝」。敗は柔、柔の中に剛が隠され
ている。身法は隙が無く整っている、心意が一つにまとまっている、力は腰から発する、脚の上に集まっている。脚が出るときは
猛虎が山を下るときのように脚が戻るときには雷が鳴り響く陽に、転がるときはハリネズミが身を翻すように、落ちるときはトン
ボが枝に停まるように、前後に転げ、上下に翻り、左右に折れ曲がる、などがあり、理解するには難しい言葉である。

「長寿拳・changshouquan・チャンショウチュアン」
太極拳種の一つ。別名「九官太極拳」と呼ばれる。動中に静を含む、意念を統一する事が要求される。動作時には心静、精神を集
中、息を整える事を強調する。内外、動静を結合させる事に重きを置く。

「長林登州炮捶・changlindengzhoupaochui・チャンリンダンゾウパオチュイ」
八門拳に属する。甘粛蘭州地区に伝わる。この拳は「撕炮錘」の基礎の上に変化発展させたものである。動作は伸びやかで、剛勁
有力で、招法は上、中、下の三盤に分かれる。攻撃と守りは変化が多い。五龍が眼を開き、猿猴が桃を盗むが上部の手法、袖の内
は紅、枝を穿つのは中盤の手法、撩陰掌などは下盤り手法である。主要な練功には腿法、捶法、身法、展法などがある。

「長拳・changquan・チャンチュアン」
1.中華武術の中の伝統拳種の一つ。伝わるところでは宋の太祖趙匡胤が伝えたとされる、それ故に別名「太祖拳」とも呼ばれる。
  明代の戚継光【紀效新書・拳経捷要】によると「宋の太祖には三十二式長拳が有る。」太祖拳は全部で8段、套路は長く、拳
  の長く練習する套路と器械の単練と対練が有る。
2.中華拳術を大きく分けた場合の呼び方、「長拳」と「短拳」とに分ける。通常、査拳、花拳、炮拳、紅拳などが長拳類に入る。
  明代の戚継光、程宗猷などが「長拳・短拳」大系の概念を提起する。長拳は手や脚を長く放つように遠くに打ち出す。姿勢は
  伸びやかで、動作が活発、スピードと力があり、リズムがハッキリしている、「一寸長、一寸強」の優位さを充分発揮させる。
  長拳類の套路はメリハリがあり、力点が明確、出る手は含みがあり、剛柔合わせ持つ。套路中の動作数と段数は比較的短い拳
  が多く、転げ回り飛び跳ねる、転換し交錯し、定式姿勢が多い。
3.中華人棍共和国成立後、武術界は査拳、花拳、炮拳、紅拳などの長拳類の手型、手法、歩型、歩法、眼法、平衡、跳躍などの
  基本動作を選び出し、それを規格化して編集し、新に現代長拳を作り出した。現代長拳の動作は伸びやかで、関節の動作の活
  動範囲が大きく、筋肉と靱帯の柔軟性と弾性に対する要求が高い。長く長拳を練習する事により、人体の素質を増強するため、
  青少年が練習するのにふさわしい。そのため、現代長拳は中華武術の中で素早く発展し、大衆の基盤に広範囲に広まった拳種
  の一つである。全国の武術大会の表演と大会種目の項目の一つである。

「化門・huomen・ファーメン」
峨嵋武術八大門の一つ。またの名前を「蚕閉門」と呼ぶ。化門は小さく巧みで柔軟な動作が主で、手首を多用し”敵の動きを封じ、
力を出させないようにする”其の牽引する手法は敵の攻撃をかわす方法である。その風格は大きくなく、大開大合は無い、その手
法は多変、花の如くであるが、花拳ではない、故に化門と呼ぶ。特徴は掌を頬から離さず、肘を懐から離さない。発拳時は何時も
頭を抱え、手足を軽快に行う。主要な手法には巴、探、挂、拿など有る。典型的な拳種には三十六閉手、俗称「天罡星三十六」、
または「四川南拳」とも呼ばれる。器械には双锏、白虎棍、白鶴単刀などがある。

「丹功門拳・dangongmenquan・タンゴンメンチュアン」
湖北地方の拳種。別名「単宮門」「功力門」とも呼ばれる。伝えによると清代厳寿に源がある、身体の不自由でも、長所を広め短
所を避けるため作り出された武術である。元々は72式、その後36手増えて、全部で108式になる。套路には答字手、勇戦、
大刀手、拗手、伏虎手、太極圏手、冲天炮、連環手、紅黒刹手、総手などある。

「風魔拳・fengmoquan・ファンモーチュアン」
武術拳種。太極拳と形意八拳をよりどころとして造られた、拳の歴史は六十年あまり、江蘇一帯に伝わる。套路は太極拳が主で形
意拳、八卦掌が副として套路がある。その中には矮若遊龍の身法、手法、泰山のように安定した歩型、歩法で、表演を行うと陶酔
させられる。

「双胯虎拳・shuangkuahuquan・シャアンクアハーチュアン」
南拳拳種の一つ。湖南地方で200年余り広まっている。この拳の特徴は拳と手が耳鼻咽喉口の七孔から離さない、高さは頭を越
えない、手を離さず捕まえる、歩を進めるとき左右の脇と胯を離さない。

「双綿拳・shuangmianquan・シュアンミイアンチュアン」
長拳拳種の一つ。清代末から明代はじめに山東黄県一帯に広まる。全部で14式、套路は簡潔、左右の演練が有る。手法は厳密、
歩法は快速、手足は共に出す。

「孔門拳・kongmenquan・コンメンチュアン」
湖北地方の拳種。別名では「空門拳」とよばれる。湖北大治県に伝わっている。この拳の特徴は動作が整い、軽快で敏捷、貌は柔
心は剛。練習時に注意することは首を伸ばし、腕を伸ばし肩を緩める、背中を丸め、尻を降ろし、足を下げて、跪く。手法には把
拦肘格、金槍施皮、側捶反掌などがある。出拳は柔であるが松では無い、陰勁発力、使うのは策勁(震えるような爆発力)力は肩
を通り腰から求める。歩法は進歩、退歩、跳歩と挪連倒歩などがある。身法は変化が多く、大如牛、小若猴と呼ばれる。打法で重
んじることは沈打浮、浮打沈、快打慢、巧打拙である。套路中には跌、撲、滾、翻の動作が多くある。主要な套路には龍勢、鳳勢、
虎勢、戦勢、云燕、出洞、八折、逼龍珠などがある。

「孔雀拳・kongquequan・コンチュエチュアン」
傣続(タイ族)拳種の一つ。外柔内剛、手法が素早い、歩法がしなやか、とりわけ両腕がまとわりつくように上下する、合わせて
全身の関節と調和がとれて、一貫して優美な動作であり、名前通り孔雀の生活動態が生き生きと現される、表演時には象脚鼓※の
伴奏をする。(※雲南省西部のタイ族の楽器、象の足に似ている)

「伊派八卦掌・yipaibaguazhang・イーパイバーグアヂャン」
八卦拳種の一つ。董海川の弟子伊福(河北)が伝えたためこの名前が付いた。この掌の形は牛の舌に似て形で、勁路は長くてきぱ
きしている。代表的な掌法には六十四路転掌、八卦六十四路散手対練などである。

「玄門拳・xuanmenquan・シュアンメンチュアン」
湖北省地方の拳種。玄門拳は鶴、猴、蛇、龍、虎の五形あり、故に「五形拳」と呼ぶ。それぞれの形は12式有り、全部で60式
有り、散手を構成している。この拳の練習法は「手、身、歩」の三催、「手眼、意気、肩腰、身法、内外」の五合、「前、後、左、
右、中」の五行、「沈、托、横、分、截」の五力、「阿、虚、吹、晒、嘻」の五気、「起、頓、呑、吐く、沈、托、分、閉」の八
法、手法には「一字捶。二指法、降虎手、単双掌」などがある。歩型には「釣馬、品馬、按馬、夹馬、拗馬」などがある。歩法に
は「踩、支、連、鎖、扣」など有る。腿法は一字腿を多用する。拳勢は上、中、下の三盤がある。

「功力拳・gongliquan・ゴンリィチュアン」
河北伝統拳種の一つ。淪洲や上海一帯に伝わっている。この拳は医病、健身、防身の三法総合した面がある。「功」とは「内功練
気」を指し、「力」は「外功練力」を指す。内合一致させ功力拳と呼ばれる。練功時には意沿気平、動静変化、内外相随、形神合
一、功力相成などが要求される。手法、拳法、腿法が多く、練習時には吐納調気、以気催力、力貫頂梢、可攻守自如、防身護敵な
どに注意をする。

「功家南派・gongjiananpai・ゴンジィアナンパイ」
武当拳種の一つ。明代宣徳年間(1426〜1435年)武当山邓姓異人が伝え、代九代の邓仲山が家の掟を破り、新に「功家南派」を
創設する。功法を重視する、「練拳不做功。出手般般空」の説が有る、また主に南に伝わったためこの名前が有る。功家南派には
拳術、軟功法、硬功法、軽功法、特技功の五種類の技術が有る。

「石頭拳・shutouquan・シィトオウチュアン」
少林派伝種の一つ。清代末唐殿卿が南京で作る。南京には古くから石頭城と呼ばれる城壁があり、これが南京の別名として呼ばれ
た、この拳の名前もこれが由来とされる。石頭拳の単練には十路弾腿、短打、拳帽、六家式、七星架、上石頭、下石頭、曦陽掌。
対練には接弾腿、燕青散手、擒拿対折、五錘、六式、八式などがある。器械単練には五虎群羊刀、三叉刀、日月双刀、威門十三剣、
四門棍、五虎群羊棍、六合槍などがある。器械対練には単刀進槍、棍対槍、十二路対棍などがある。石頭拳の特徴は動作が伸びや
かで大きく、身法が整い、歩法が素早い、拳勢が勇猛、剛勁有力である、

「龍門南拳・longmennanquan・ロンメンナンチュアン」
少林拳の属する。伝えによると清代の初め少林武僧雷明光たちが湖南の醴陵日月寺に伝える、合わせて四つの大きな枝がある、今
は株州、醴陵、茶陵などの地に伝わっている、拳術の套路には挤角歩、龍門六肘、猛虎下山などがある。器械套路には猛虎下山西
山棍、南洋大刀などがある。この拳の套路の攻防は快速で。手は連珠炮に似る、歩法は落ちついて力強く、剛勁で有力、硬く真っ
直ぐに打つ、発力は手で行う、声で以て力を促す、で攻撃することが主で長けている。

「龍爪掌・longzhaozhang・ロンザオヂャン」
龍爪掌=程派八卦掌の項を見よ。

「龍行掌・longxingzhang・ロンシンヂャン」
武術拳種。拳師劉志清が作る。主に山東、上海、黒竜江などに伝わっている。劉志清は義和団童子軍に参加し、八卦掌、通臂拳、
少林長拳、形意拳を学ぶ。その後五台山峰清長老に拝師し、龍形の基本掌法を学び、龍形門派を作る。

「龍形・longxing・ロンシン」
形意十二形の一つ。龍の天性、波を翻して天に昇る勢い、奮い立つ威力がある、空に遊び爪で探り骨を縮め、隠れ現れることが計
り知れない、これが龍形である。形意拳の譜における龍形の歌訣には「龍形は陰捜骨能に属す、左右に跳び柔らかい勁を用いる、
両手で花を穿つ加えて起きる落とす、両脚を差し替える事に通じている。

「龍形八卦掌・longxingbaguaszhang・ロンシンパーグアヂィアン」
八卦拳種の一つ。著名な武術家である黄柏年が作る。黄は李存の学校で幼年期より形意拳、八卦掌を学ぶ、そして李の助けによっ
て四門龍形掌の全てを学ぶ、そして数十年の武術練習の心得を総括して、独自の武術として「龍形八卦掌」を作る。「演練時には
脚は動き止まらず、天地人の三盤に分かれ、大中小の三圏、圏中には太極S歩形、歩法は神奥である。その掌法は四門龍形掌によ
る、その優秀な歩法と合わせる、全部で八掌あり名蛇形掌、単換掌、双換掌、順勢掌、扣掌、把掌、合掌、回身掌などがある。
この掌法を練習するときには身掌合一、身如遊龍、飛騰変化、引藏之態に到る、故に龍形八卦掌と呼ぶ。

「龍形掌・longxingzhang・ロンシンヂィアン」
象形拳種。強調する物は外五形「頭、眼、腰、腿、身」内五形「神、志、意、気、勁」を合わせる。五勁「標、弾、沈、数、化」
が主である。逢勁と化勁を重んじる。この拳の腿法は多くない。主要套路は16功有る、三通過橋、五馬掃槽、画眉跳涧などある。

「龍拳・longquan・ロンチュアン」
象形拳の一種。言い伝えに寄れば清代末に福建古田人のこ彭徳成が作る。
別名「龍桩」あるいは「龍尊」と呼ばれている。爪法を多く用いる。主
要動作には抓、拿、穿、撲、鈷などがある。肘法には左拐、右拐がある。
身法には起伏、躱閃、高低、折畳などある。腿法には蹬、踹、踢、掃な
どがある。歩法は常に龍形歩である。主要な動作には烏龍闹海、烏龍擺
尾、烏龍絞柱などがある。全套では約五十〜六十個の主要動作があり、
練貫して緻密、とても優美である。








「東安拳・dfonganquan・ドンアンチュアン」
南拳の一種。源は南少林で、伝えに寄れば清代嘉慶年間に福建の云遊和尚が湖南に赴き、東安県の拳師王己成に南少林拳を伝え、
その後さらに新しく発展していく。さらに 1959 年以降に、東安県体育委員会の李徳植は民間の拳法家・文明華などとの交流に
より、各種の流派の特徴を結び付けて、良いものを取り入れて、跳躍や奔跑動作を取り入れ、絶えず現代の東安拳を改善してい
く。東安拳は“息、神、力”を重んじ、気勢や表情の力を出していき、頭と首をまっすぐにし、肘は沈めて上腕を下ろして、腹
と臀部を収めて、目は静かな時には両手を見る、動く時には手に従い、精神がつながる、表情と態度は厳粛で、一つにして、息
で力を催促する“手眼身法歩に対して、精神気力の功”には厳しい要求があり。功法には童子功和点穴功などがある。

「四川南拳・sichuannanquan・シィチュワンナンチュアン」
峨嵋派拳の一種。峨嵋派には僧、岳、趙、杜、洪、化、字、会など八門に分かれる。その中で四川南拳は「化門」に属している。
化はすなわち手腕を多用し「敵を制して攻撃をかわし、引き込み的をはずす」主要な手法には巴、探、挂、拿などがあり、その
要点は掌を頬から離さず、肘は胸(懐)から離さず拳を発する、軽快に行うことを重んじる。

「四方拳・sifangquan・シィファンチュアン」
少数民族の拳種。雲南阿昌族の拳術。この拳は中間から打ち始め四つの隅に打つことで、四方の形を形成する。技撃では足で左
を打ち、右を守る。普通の人達は左手が力がないと思い油断している、それを阿昌人は上手く利用して価値を制する。

「四通捶・sitongchui・シィトンチュイ」
山東地方の拳種。別名「下家槌」とよばれる。清嘉慶年間山東黄県の馮立旺が伝える。主に山東灘坊一帯に伝わっている。四通
捶の動作は簡単で、実用的である。この拳は四通を重視する、四通すなわち、意と勢いを通し、勢いと方の形通し、法と気を通
し、気と力を通す。上中下三個の架、すなわち軟歩功、騎馬功、単叉功の三個動作からなる。用法には趟子捶、滾身捶、快馬捶
等がある。護法には剪捶、横捶、可両人対練がある。その特徴は空拳を出し、実県に変化する。功力を強調し下盤の功法を重視
し、椿功が主である。特に腕、肘、肩、脚、膝、腿、股の功靠練習を行う。

「四趟拳・sitangquan・シィタンチュアン」
河南地方の拳種の一つ。この拳は純剛に偏っている。全套は60を超える動作で出来ている。掌法が主で、拳と脚はその次とな
る。主要な技法には閃、転、騰、踢、打、棚、冲、挑、刺、弾跳などがある。動作が連貫し上下の配合し強攻猛打で攻防が結合
させる。

「白虎拳・baihuquan・バイフーチュアン」
南拳の一種。伝えによると減豊六年、広東の拳師武徳勝が湖南平江一帯に伝えた。拳術套路には白虎出林、猛虎下山、白虎跳涧
等がある。対練には白虎十三爪がある。この拳の中には南拳でよく使う馬歩、弓歩、跪歩、虚歩などの歩型と掌、爪、勾などの
手型および各種の肘法、橋法がある。套路は造りが整い、身体はすばやく、歩法は落ち着いている、橋路がはっきりしていて、
拳勢は激烈で、手法は多変で、相連なり、勢いよく人に迫る、手が出る時は猛虎が獲物を捕らえるように、尋常でなく素早く猛
烈に行う。

「白眉拳・baimeiquan・バイメイチュアン」
南拳拳種。伝えに寄れば峨嵋山白眉道人がつくる。内容は大十字、小十字、三門八卦、九歩推、十八摩橋功、猛虎出林など。そ
の風格は剛強猛健、連貫性強、活動範囲が大きい。掌法には托掌、斬掌、等がある。拳法は冲拳、鞭拳、双撞拳、千字箭拳など
がある。腿法には側踢、蹬脚。橋法には砕橋、鑚橋、刹橋、封橋などが有る。跳躍には飛歩、伏虎などがある。その特徴は「手
はみぞおちから出て、力は腰馬から生まれる」

「白猿通臂拳・baiyuantongbeiquan・バイユアントンベイチュアン」
通臂拳種。別名「行者拳」とも呼ばれる。伝えによると山東黄県の任暁霞が作ったと言われている。主な門徒には劉子英、向仲
山、張文成、馬暁和などがいる。馬暁和は回教族系で、この拳を回族に広めた。任暁霞が作った白猿通臂拳24式は4路あり、一
年の春夏秋冬の四季とし、24式は一年にある二十四節気に相当する。それぞれを単独の練習、繰り返しの練習が出来る。ただ猴
芸だけを練習し猴の形だけを練習しない、理由は「実用を重んじて、花架を求めない」特徴がある。この拳の基本功には腰腿功
と操臂功がある。操臂功の主要なものは拳、特に重視するものは打椿である。打椿時には単手、組み合わせまたは套路等がある。

「外場拳・waichangquan・ワイチャンチュアン」
外場拳=義善拳の項を見よ。

「対式単拳・duishidanquan・ドゥイシィダンチュアン」
八門拳種の一つ。別名「十字単拳」と呼ばれる。主に甘粛蘭州および寧夏、青海、新疆などの地に伝わっている。拳勢は左右相
対で、単練と対練とが有る。演練は伸びやかで大きく、見た目が美しく、敏捷ですばしっこい動作である。主要な功法には奔腿、
包頭、跺子脚、燕子御泥、盤頭花子などがある。

「湯瓶七式・tangpingqishi・タンピンチィシィ」
少数民族拳種の一つ。回族の中で伝わっている、俗称で「教門内家拳」と呼ばれる。「湯瓶」はイスラム教徒の沐浴用具である。
この拳は湯瓶を象徴とした七個の基本動作がありそれぞれの動作はまた七個の小動作に分けられている、波浪鼓(でんでん太鼓)
の趟進歩、手脚を合わせて打つ打法、護法と破法等を含んでいる。套路は一気呵成、有力快速で特有の風格がある。

「関西母子・guanximizi・グァンシィムゥツー」
甘粛地方の拳種。清代末期に蘭州中栄虎兵教師劉禅がこの拳に精通し、張正恒、王得卿、兪海減などに伝える。この拳は動作が
伸びやかで大きく、内容が豊富、方法が飛び抜けている、各種の手法、腿法、跤法など備えない者はない、演練時には霊活多変、
勁力が重圧、一托一勢、生き生きとして趣があり、一気呵成に行う。

「字門・zimen・ジィメン」
峨嵋武術八大門の一つ。字門の収勢には「之」の字または「一」の字の形を作ることからこの名前が付く。その特徴には身のこ
なしの起伏が大きく、腿法が少なく、出拳時には鼻発声する。套路には九錘拳、七錘拳、童子功、定子功、武松手、洪門手、六
字手などがある。器械には八卦刀などがある。

「字門南拳・zimennanquan・ジィメンナンチュアン」
江西南拳の一つ。この拳は主に柔、練拳と練気を組み合わせた拳術である。基本訓練法には弄三関、圓手、板馬、絞手、抛托手
などが有る。歩法には圓歩、転和動歩などがある。腿法は低い脚を多用する。特徴は敵が進み我が退き、敵が鋭く来れば我は柔
らかく応じる。変化に長けていて、機に乗じ入る。柔は剛に勝ち、小は大を制する 、弱きは強きに勝つ。全部で15套路ある。

「劉派八卦掌・liupabaguazhang・リィウパバグアヂィアン」
八卦掌の一つ。董海川の弟子劉風春(河北涿県)が伝えたためこの名前がある。劉派八卦掌は八卦大掌の代表となる。掌法には
扣、擺、穿が、翻、按の五法がある。素朴で実用的で華美ではない、勁力が精巧である。身法には抽身換影などがある。伝人に
は傅剣秋らがいる。
「地功拳・digonquan・ディゴンチュアン」
地功拳=地趟拳の項を見よ。

「地攻拳・digongquan・ディゴンチュアン」
地攻拳=狗拳の項を見よ。

「地術犬法・dishuquanfa・ディシュチュアンファ」
地術犬法=狗拳の項を見よ。

「地功鴛鴦拳・digongyuanyangquan・ディゴンユアンヤンチュアン」
武術拳種。鴛鴦拳、腿法を重んじる、下盤の功夫が多く、姿勢は伸びやかで大きい、起伏転折の幅度が大きい。雌雄に分けられ
る、雄は千里を飛ぶ、雌はふるさとを守る。陰陽が釣り合わせ、気血双方練習する。雄は窜、蹦、跳、躍で、雌は静かに待つ。
手法には摔、打、劈、砸、棚などがある。腿法には扣、套、剪、挂、蹬、蹶子上、中、下(後ろ足で蹴る)などがある。身法に
は転軸身子不倒翁があり、鴛鴦の本質がそこにある。勁力剛柔相済。套路には鴛鴦十二路と地功拳がある。器械には荷葉刀、地
功刀、七星刀、春秋大刀、春秋剣、紫霞剣、犁花槍、葵花槍、三節棍、流星錘、鞭、杆棒、棍などがある。

「地功戳脚・digongchuojiao・ディゴンチュオジィアオ」
戳脚拳の一種。この拳は「戳脚武(足堂)子」を主に、「地功拳」を兼練する。主に足を使い、構成は厳密、拳式は斬新、腿法、
歩法、手法が独特で、套路は沢山ある。

「地趟拳・ditangquan・ディタンチュアン」
武術拳種。別名「地功拳」と呼ばれる。この拳術は「酔拳」「八仙拳」に少し似た所がある。地趟拳の主要で特徴的な動作には、
跌撲滾翻の中の摔撲の動作、すなわち「九滾十八跌」「就地十八滾」が有る。地趟拳の主要な摔跌動作には翻身楔(片手でで身
体を支えて、倒立、身体を敵に向けて体当たりする)、鯉魚打挺(両足を引き上げ、飛び起きる、空中時に身体を上向きにして、
両足を伸ばし敵を蹴る)烏龍絞柱(上体で地面を転げ回り、両足を空中で回して挟みこみ、上は敵の頭や胸、中は敵の腰、下は
敵の足を打つ)前滾翻、后滾翻、球滾、刺剣などがある。地趟拳は、例え劣勢にあっても、危機の中で生き延びようとすること
で、敗の中に勝利を取りに行く武術である。武術競技項目に入っている。

「西涼掌・xiliangzhang・シィーリィアンヂィアン」
武術拳種。別名「陰陽掌」と呼ばれる。西涼とは三国時代の涼州(現在の寧夏、甘粛一帯)の事である。この拳の動作全てが掌
で行う。伝えによると三国時代、西涼人の馬超が、趙雲の叔父趙玉に師事して陰陽功を学ぶ、趙玉の高い秘伝を学び、その技巧
は天下に聞こえる、その後三国の名将となる。馬超の故郷の西涼に因み、陰陽掌から西涼掌に名前が変えられた。西涼掌の主な
特徴は上肢を十分に重視して手掌の訓練する、下肢は椿功を重要視して練習する。その掌法は穿、劈、翻、蓋、推、挑、弾、抖
托、砍、擺、按、挿などがある。掌形の基本は、指の間を一寸開け上端に力を通す、掌心は窪ませ、掌を出す時は剣に似る、掌
を戻す時には爪に似る。

「光板螳螂拳・guangbantanglangquan・ゴアンバンタンランチュアン」
螳螂拳の一種。この拳は北派螳螂拳の基本を充分に習得した後、その他の拳を合わせた拳術である。手形は螳螂手ではなく、掌
の五指を合わせ、掌を板のようにすることでこの名前が付いた。

「呂家拳・lujiaquan・リゥジィアチュアン」
南拳拳種の一種。湖南益陽、安化等の地に伝わる。椿功では、主に低く行う座椿、丁八県絲椿、弓箭敗馬椿等が基本となる。六
峰(頭、肩、肘、腰、手首、腕)二十八肘法が主要な功法である。手法は掌法が多く、素早く変化が多い、腿法は少ない、翻騰
跳躍の動作は無い。套路は厳格、攻防は真に迫っている、虚実が多く変化する、一歩一歩着実に行い、勢いを消す。拳術套路に
は子午玄功掌、呂家散手拳などがある。

「朱家教・zhujiajiao・チュジャジィアオ」
広東地方の拳種。広東興寧地区に伝わる。最初に伝えたのは朱某で、そのため朱家教と呼ばれる。その内容は三歩箭、単娥、双
拳、花拳、箭李拳、対折などを包括する。手足を組み合わせて、攻撃は迅速猛攻、手法の多い事が特徴。

「伞拳・sanquan・サンチュアン」
伝えによると清代康煕年間、淅江省秀水県竹里、太平寺隠然和尚が作ったとされる。伞拳の套路は、全部一気呵成に素早く行う。
身法は敏捷多変、閃展霊活、避実撃虚、進退円活である。歩法には金鶏独立、弓馬歩などが主である。手法は掌を持って導く。
技法は刀剣や短棍など短兵器の特徴がである快刺猛挑、捷点截撩、軽巧霊活などがある。気の運行を重視する、意を持って気を
進め、気で勁を促す、勁は掌指に達する。

「自然門・ziranmen・ジィランメン」
内家拳種の一つ。内在する精、気、神の実質を鍛錬する。手、眼、身、法、歩、肩、肘、腕、股、膝、頂、項、胸、腰、背など
全てを利用する。足による長い攻撃と手では自らを守り、打てない所が無く、守れない所もない。平時には練習をして功夫を繰
り、打法は問わない、時機が熟せば事は自然に成就し、自ら悟れば「自然」は本意を失わない。その歌訣には「動静が始まらな
く,変化の始まりが無く、虚々実々、自然である。」自然門では内外を兼ねて修める事をきわめて重んじる、動静が適当で、一
招一式すべて自然の中、決して無理矢理行わない。

「華拳・huaquan・ファチュアン」
武術の拳種。長拳に属する。拳家は精、気、神の「三華貫一」を重んじる、事から付いた名前である。蔡龍云家伝の拳術が最初
とされる。中華人民共和国成立後、華拳は全国武術の表演と競技会の項目の一つに成る、それに先だって【一路華拳】【二路華
拳】【三路華拳】【四路華拳】の本が整理出版される。華拳は中国各地に広まっている。華拳の内容は徒手、器械、単練と対練
などが有る。1〜12路は華拳の中の代表的な拳術套路で、これらの套路には踢、打、摔、拿、など攻守格闘動作を組み合わせ
ている。動作は伸びやかで大きく、快速有力、あか抜けていて優美、リズムが鮮明である。華拳には「四撃」「八法」「十二形」
などの基礎理論が有る。「四撃」とは踢、打、摔、拿、「八法」とは手、眼、身法、歩、精、神、気、力功法。「十二形」とは
「動如濤」「静如岳」「起如猿」「落如鵲」「立如鶏」「站如松」「転如輪」「折如弓」「軽如葉」「重如鉄」「緩如鷹」「快
如風」である。

「会門・huimen・フィメン」
峨嵋武術八大門の一つ。別名「慧門」と呼ばれる。「観師黙像」は代表的な神拳とする、と主張される。この拳の内練は気功、
外練は拳技を鍛え、強身と敵に勝つ効果が有る、俗称は「劈空勁」がある。四川巫山と長江沿岸、湖北、貴州のの民間に伝わる。

「陽掌・yangzhang・ヤンヂィアン」
陽掌=陽拳の項を見よ。

「陰撃拳・yinjizhang・インジィチュアン」
湖北地方の拳種。言い伝えでは湖北石首県劉継高により「暗く密かに隠れることがあり 玄妙な道理、どう変化するか見通しが
つかない」と陰撃の理論を造る。陰撃の練法の要求は、撃県は龍頭に似る、戻す手は龍の尾、降りる時は猫のように軽く、歩は
雀が跳ねるように。意運の内功、剛柔相済、交手巧打、変化は測りがたい。

「陰陽掌・yinyangzhang・インヤンヂィアン」
陰陽掌=西涼掌の項を見よ。

「孫式太極拳・sunshitaijiquan・スンシィタイジィーチュアン」
太極拳五大流派(陳式・楊式・呉式・孫式・武式)の一つ。河北完県孫禄堂がつくる。孫禄堂は天賦の才能があり、先に形意拳
と八卦掌を学び、その後太極拳を学び、形意拳と八卦掌と太極拳を合わせて孫式太極拳を造る。この拳の特徴は、進退相随、舒
展圓活、動作敏捷、形意拳の跟歩、八卦掌の身法、行雲流水の様に、綿綿不断、転身ごとに開合をおこなう、抱球を主とする、
快慢が有る、そのため孫式太極拳は「開合活歩太極拳」とも呼ばれる。孫式太極拳は「九要」の規格を厳守する。「九要」とは
「一要 塌腰、塌腕」「二要 扣肩、扣膝、扣趾」「三要 提肛」「四要 舌頂上顎、頂頭、頂手、頂膝」「五要 裹肘、裹膝」
「六要 松肩松胯」「七要 垂肩、垂肘」「八要 縮肩、縮胯」「九要 起落钻翻分明」である。

「孫家拳・sunjiaquan・スンジィアチュアン」
  湖南地方の拳種の一種。現在湖南益陽、南県、沅江一帯に伝わる。この拳は椿功、橋法を重んじ「拳は椿功の先にあり、形は
橋の法」の説がある。出手は猛烈、寸勁に長じ、招式は安定する、霊活多変、身の近くに短打、声を助力とする。主要な拳術套
路には孫家拳、孫家小練拳、一字扣などがある。器械套路には孫家子午棍、八歩棍などがある。

「孫膑拳・sunbinquan・スンビィンチュアン」
長拳拳種の一つ。別名「大架拳」「長袖拳」と称する。伝えによると戦国時代軍事家の孫膑が作ったとされる。主要な動作には
「三十二手」「六十四手」「九十六手」の三段の套路がある。動作は連打が多く、単打は少ない。現在山東各地に伝わっている。

「進退連環拳・jintuilianhuanquan・ジントウイレンフアンチュアン」
形意拳の一つ。五行から変化し、成拳を練習する。動作の名称は1.予備式、2.進歩崩拳、3.退歩崩拳、4.順歩崩拳、5.白鶴亮翅、
6.進歩抱拳、7.退歩钻拳、8.包裹式、9.狸猫(山猫)上樹、10.進歩抱拳、11.回身式(狸猫倒上樹)などである。そののち再び
元に戻り以前の練習を修める。その特徴は進歩と退歩が輪になり端がなく連なるようにおこなう。

「形式拳・xingshiquan・シンシィチュアン」
吉林地方の拳種である。短拳系の拳種。形式拳の「形」は形式の表面で象形の意が有り、「式」は特徴の意味がある。「形式」
とは外形上で、各種類の獣の形と勁力を特徴とする。勇猛、剽悍、実戦を重んじる、近戦、敵を殲滅するこれがこの拳の特徴、
風格である。

「形意八字功拳・xingyibazigongquan・シンイバァズゥゴンチュアン」
形意拳種。八字功の八字とは「斬、截、裹、跨、挑、頂、云、領」である。八字功は前後2套の練習法が有る。第一種練習法は
基礎で、套路は比較的簡単、用法の変化は多くない。第二種練習法は秘伝、「八」字各一つの小套路が有る。五行十二形の精華
変化は奥深く五行十二形の上に出る。八字功を先に学び五行、十二形の順に学び熟練していく

「形意八卦掌・xingyibaguaszhang・シンイバーグアジャン」
武当拳種の一つ。燕、鷹、熊、猴、龍、蛇、虎、馬の形態の特徴と「陰陽運転法」「気意運転法」を合わせて、人体の精、気、
神を貫き套路中でまとめる。健身と技撃が融合していく。形意八卦掌は、燕掌(乾卦)、鷹掌(坎卦)、熊掌(離卦)、猴掌
(艮卦)龍掌(坤卦)、蛇卦(巽卦)、虎卦(震卦)、馬卦(兑卦)の八個の套路からなる。

「形意廿四絶手・xingyi・シンイ」
形意拳種。別名は「形意廿四式」と呼ばれる。明代末清代初めに形意拳家の李洛能が作った。全部で24路で3套路に分かれ、
それぞれ8手ある。第一套は「上八手」「硬八手」「陽八手」。第二套は「中八手」「軟八手」「陰八手」。第三套路は「下
八手」「陰陽八手」「岳家八手」である。

「形意拳・xingyiquan・シンイチュアン」
武術拳種。初めの名前は「心意六合拳」。清代初めに山西省永済県姫際可が作る、そのため当地では「際可拳」とも呼ばれる。
拳名はいくつか変わり最後に「形意拳」になる。「心意を中に隠し、肢体の形を外に表す」事を重んじる。「心と意を合わせ、
意と気を合わし、気と力を合わし、手と足を合わし、肘と膝を合わし、肩と股を合わし」等から別名「心意六合拳」と呼ばれ
る。形意拳が伝わってから三百年経ち、広く伝わっているため地域により特徴は違っている。河南および陜西、四川などの地
域では「心意六合拳」と呼ばれる。その拳勢は古く質朴、勇猛剛烈である、鶏、龍、虎、馬、猴、蛇、鷂、燕、鷹、熊を合わ
せて十形がある。その基本功は「踩鶏腿」、「鷹熊式桩」など。套路には四拳八式有る、龍虎闘、上、中、下四把、十形合一、
百形把などである。山東、河北の地域では「形意拳」と呼ばれる。五行拳(劈、钻、崩、炮、横)十二形拳(龍、虎、馬、猴、
鶏、蛇、燕、鷂、(鳥台)、亀、鷹、熊)が基本拳法である、「三体式」が基礎の立ち方である。套路には五行連環、雑式捶、
出入洞などがある。対練套路は五形炮、三手炮、五花炮、安身炮、九套環などがある。器械套路は五形剣、十二形剣、五行槍
鳳翅(金党)などが有る。形意拳の理論上の要求は八字訣ですなわち頂、圓、扣、毒、抱、垂、曲、挺である。発力の要求は
三節九窮合一、三拳三毒を重んじる。

「厳門拳・yanmenquan・エンメンチュアン」
湖北地方の拳種。清代康熙間に湖北地方の京山永興鎮で厳鵬が作ったとされる、故にこの名が付く。厳門拳は四功を重んじる。
それは懐抱月、掌托天、龍出海、虎古山である。力法には呑吐浮、偏側招蓋、身正歩実、短小緊湊などがある。套路には二八
戦捶、大青龍手、八虎拳などがある。

「芦笙拳・lushengquan・ルーシャンチュアン」
苗族の拳種。この拳を練習するときには芦笙(楽器の一種)の伴奏のもとで行う、沈肩重肘、含胸抜背、以気催力、牽拉架格、
時には揮臂跪歩、時には跨歩冲拳、時には単舞、時には対練。整套動作は歩は穏やか勢いは激しく、動静が分明、巧みに地を
つかみ芦笙舞と苗拳が結合し、目にも耳にも新しい。

「萇門拳・zhangmenquan・チャンメンチュアン」
萇門拳=萇家拳の項を見よ

「萇家拳・zhangjiaquan・チャンジイアチュアン」
武術拳種。別名「萇門拳」と呼ばれる。清乾隆年間に河南氾水萇の周辺の拳術の長所を集めて作られた。主に河南の荥陽、鞏
県、安陽、開封などの地で広まっている。その特徴は「中気論」を本に「二十四字拳」を母とし、易理、医理、拳理を大成し、
内気、外形、技法を一つに溶かす。陰陽法を明らかにし、内合併せて養う、武術理論と技術の両方面有るのが特色である。こ
の拳の拳路の構成は厳謹で浮ついたところが無く、剛柔互済、身法多変、神形具現、体用兼全である。套路には「二十四拳」
「二十四大戦拳」「三十六槍」「猿猴棒」「双剣譜」などがある。

「花拳・huaquan・フゥアチュアン」
武術拳種、短打類に属する。言い伝えでは清代雍正年間に江寧人の甘鳳池が創る。江蘇、淅江一帯に伝わっている。花拳の起
勢の前にまず「清手」を作る。散手は120 字、72 擒拿法、36 腿、24 勢がある。実打法には抄手、抄腿、肘撃、肩靠、股挿
など上、中、下の三盤の練習法がある。短打跌法は88 個勢がある。

「杜門・dumen・ドゥメン」
峨嵋武術八大門の一つ。この門は拳を用いるのは少なく掌を多く用いる、封鎖厳密、善使柔勁、跌法を重んじる。拳種には門
津拳、鷂子拳などがある。器械には槍、棍、大刀などが有る。

「楊式太極拳・yangshitaijiquan・ヤンシィタイチーチュアン」
太極拳五大流派の一つ。河北永年県の楊露禅が創る。その後孫の楊澄甫が編纂し現在の楊式大架子太極拳ができる。動作の特
徴は動作が簡潔、伸びやかで鷹揚、緩やかで緩慢、軽沈自然、柔で内に剛を含む。 1928年に楊澄甫が南京、上海、杭州、広
州、武漢などの地で指導を行い、南北の大都市で楊式太極拳を広めていった。

「楊家拳・yangjiaquan・ヤンジャチュアン」
山西地方の拳種の一つ。山西代県、繁峙県一帯に伝わっている。伝えによれば北宋の名将楊延昭が作ったとされる。この拳は
質素で華やかではなく、実用勢が強い。楊家は槍術が主ですべての套路はすべて隠把握槍を用い、尖把併用をする。主要な套
路には高桩、八合、楊家絶命槍、子午単修棍などがある。

「李式太極拳・lishitaijiquan・リィシィタイチーチュアン」
太極拳の一種。太極五星捶の項を見よ。

「李家拳・lijiaquan・リィジィアチュアン」
南拳の一種。伝えに寄ると少林寺の和尚李釈開が創ったとされている。現在広東省中山、朱海、河源、高州、老龍、および広
州などの地に伝わっている。個の拳は長橋長馬が主で、绕歩、側歩等の歩法に加えて四平馬、弓箭歩、吊馬、拐馬、扭歩など
の歩型がある。手法には長橋手、抛、釘、挿牙主である。橋法は圏橋、盤橋を多用する。この拳は生き生きと逞しく、手法が
多変、長短の橋を合わせて用いる、歩法は霊活、足技に長けていて跳躍が多い。広州の李家拳は掌法を多用する。「一掌勝三
拳」と言われている。

「巫家拳・wujiaquan・ウージィアチュアン」
湖南地方の拳種。福建汀州府連城人巫必達が作ったとされる。主要な套路には梅花拳、麒麟六肘、田字六肘、三叉六肘、擺門
六肘、単吊六肘、探力心意拳、卡吊六肘などがある。特徴は構成が厳格で、進む路線は直線または斜線で、活動範囲は少なく
南拳の特徴がある。各種の套路には跌朴滾翻の動作は無い、ただし拳架の要求は厳しく攻防意識がきわめて強く含まれている。
套路はよどみなく、勢いが連なり、勁力を含み、勁は切れ良く意識は切れない。撃法は冲、点、劈、砍、搁、抹、蓋、撞、封、
托、叉、扣、纏、推、拿、提、穿、按、鎖などがある。攻防手法は半弧で歩くことが特徴である。打撃時には「接触はより小
さく、圧力はより大きく」を重んじる。習慣的に冷腿を使う、その他の腿法には弾、蹬、抬、挂、铲腿がある。脚を使うとき
には無形無勢、暗脚を多用、下盤を多く撃つ、出る脚は迅猛、手と脚を合わせ使い、防ごうにも防ぎきれない。

「両儀拳・liangyiquan・リャンイィチュアン」
別名「太極快拳」と呼ばれる。太極拳種の一つ。その手法、身法、歩法などは太極拳とよく似ている、ただし動作は複雑、霊
活、難度が高く技撃は実用性が高い。両儀拳の動作は左右均衡、四肢の形は丸く変化する、内外が合う、上下が合い従う、前
後そろい連なる、左右を見回す、連綿不断、渾然として一つになる。

「護膝捶・huxichui・ハァシィチュイ」
四門拳種、甘粛甘谷一帯で広く伝わった。今に至るまでに200年の歴史がある。護膝捶の動作は木訥で大らか、勁力が満ちあ
ふれ、リズムがはっきりしている。拳法は捶が主である。歩法は弓歩、馬歩、過歩、跳歩がある。腿法は踢腿、踹腿が主であ
る。拳路は対称で左右の拳路がある、攻撃性はとても強い。捶法、腿法、歩法の練習を重視する。

「連環八卦掌・lianhuanbaguaquan・リィアンファンパーグアチュエン」
八卦掌の事。理由は八卦掌の掌法は変換が主で、一掌は八掌に、八掌は六十四掌に変化する。掌の変化はつらなり限りが無い。
=八卦掌の項を見よ

「連拳・lianqquan・リィアンチュアン」
少林拳種の一つ。別名「八番手」または「子母拳」「子母連拳」などとも呼ばれる。主に北京や河北保定、博野などの地に広
まり、さらに西北甘粛、寧夏、青海などの地に伝わっている。連拳の主要な手法には展、劈、撩、煽、虜、挂、帯、纏、拍、
砸、靠などがある。身法には俯仰、屈伸、折畳など相互に配合し霊活多変に行う。腿法には大奔腿、正踢腿、外踹腿、扁踹腿、
背頂腿などがある。歩法には弓歩、馬歩、独立歩、歇歩、過歩などがある。

「呉式太極拳・wushitaijiquan・ウーシィタイチーチュアン」
太極拳五大流派(陳式、楊式、呉式、孫式、武式)の一つ。清代末期の
河北省大興県満族の呉鑑泉が楊式太極拳を進化させた。特徴としては架
式は小さく精巧、展開は隙が無く整っている、伸びやかで自然、拳を行
うときには柔らかく変化していく。呉式太極拳は全部で84式あり、快拳
一路と推手の定歩、活歩、大将、爛采花などの招法がある。呉鑑泉は北
京、上海などの地で呉式太極拳を広めた。






「呉式精簡太極拳・wushijiangjiantaijiquan・ウーシィジィアンジィアンタイチーチュアン」
太極拳種の一つ。呉英華、馬岳梁の二人によって伝統的な呉式太極拳の各主要な姿勢などを残し、重複した動作を取り除き新
に創作した新套路である。全套で30個の動作がある。配置が合理的で構成がきちんとそろっていて、学ぶことが簡単である。

「串拳・chuanquan・チュアンチュアン」
少林拳種に属する。山西一帯に伝わっている。清代の拳師王生榮が河北の師玉英につたえ教える。師は1890年前後山西遼県で
大勢の人に伝授する。

「呑吐拳・tuntuquan・トントウチュアン」
江西地方の拳種の一つ。この拳の技術は呑吐連環が突出し、剛柔相済、虚実が定まらず、霊活で多変、見招使招。出す手は冲、
砸、推、叉、托、劈、刀、滾、封、纏、扣、圧など方法を連貫する、拳は無く空撃、手は空回りしない。出す足は弾、踢、点、
蹬、勾、絆、絞、撩、掃、擺、促、骗、腿法は矢のように変化が激しい。呑吐拳は広西南拳の各派の格闘の精華を集め、攻防
が厳密、動作は隙が無く、練用が結合している。套路は数多く、拳術以外では刀、槍、剣、棍、拐、棒、鉄包(拳心)、拳針、
板凳、鉄尺、短杵などの器械がある。

「佛門拳・fomenquan・フゥメンチュアン」
湖北地方の拳種。言い伝えによると「釈迦」がつたえたとされる。、そのため「佛門」と呼ばれる。この拳は凹身で扁側を重
んじる、呑む吐く浮く沈む、隠れ倒れ込む、軽さを消し重さを隠す、封鎖して沈み込む。拳勢は剛勁で勇猛、動作は快速、手
足を併用する、発力と発声、出る手は矢の如く、脚と手は合わせ連なる。套路は少なく、技撃の実用を重んじる。

「佛漢拳・fohanquan・フゥハンチュアン」
武術の拳種。河南長垣県贾云露がつたえる。河南、河北、山東の各地に伝わる。この拳には大架と小架がある。大架は伸びや
かでゆったりして、長く遠くを打つ、大開大合である。小架は小さく巧みできちんと整っている、歩は素早く、手法は多変。
套路は二人対練で全部で108式ある。

「佛家拳・fojiaquan・フゥジィアチュアン」
南拳拳種。言い伝えによると佛門から出現したとされる。主に広東、肇慶などの地区に伝わる。内容は双飛胡蝶、内家拳、金
铮拳、羅漢拳、小連環、大連環、佛家太子剣などがある。手法には標、铮、割、沈、槌、封、拍、擒、撥、挂槌、双関手など
がある。手型には掌、爪、槌などがある。腿法には御馬、跪倒畳脚、上馬飛脚、上馬丁字椿などがある。身法には転身、跪倒
挿掌などがある。特徴は剛柔併用、陰勁発力、風格が突出している。

「身法拳・shenfaquan・シェンファチュアン」
身法拳=義善拳の項を見よ。

「亀牛拳・guiniuquan・グイニュウチュアン」
象形拳の一種。清代の初め湖南平江県の永福時の高僧姚世月が亀と牛の形を真似、亀の静かさを取り動きは遅く、牛の動きで
勢いが勇猛、太極のように陰陽、八卦の原理で作り出した。岳陽、平江、臨郷などの地に伝わる。牛拳は五個の套路がありそ
れぞれ五個の字がつく。五個の套路は鉄牛破埂、鉄牛下山、鉄牛挽角、鉄牛行歩、鉄牛擺尾。五字は天、田、井、巾、公であ
る。亀拳は「十二亀極図」の節がある、八門標铲、逢山開路、虎頂風門、蛇身直情、王蛇調尾、灌標盤子、順風扯旗、三門挡
亀雄四爪、鳥亀拦江、鳥亀過江、鳥亀総盤など十二套の亀拳套路がある。演練時には含胸頂角、埋頭縮頸、怒目圓睁、力達四
肢、脚趾抓地、出手沈重有力、多短拳壇標手、撥暗勁、動静相蓄、以声崔力、気勢勇猛、一気呵成におこなう。

「鄒家拳・zoujiaquan・ゾウジィアチュアン」
南少林拳に属する拳種。雲南昭通人の鄒若衡が作った。雲南昆明地区に伝わる。この拳には踢、打、摔、拿と地趟的な功夫が
ある。手法には挂、撩、挿、推、宰などが有る。腿法は扣、铲、踩、撩、などが有る。歩型には弓歩、馬歩、跪歩、虚歩、抱
歩、仆歩、跟歩、垫歩、騎龍歩などがある。最初は立ち方、続いて套路、散手最後に内功を学ぶ。

「鶏形・jixing・ジィシン」
形意十二形拳の一つ。鶏よく嘴で闘う。両脚を続けて独立歩。爪でつかんで踏ん張る。勢いよく羽根を振るわせ空中に舞い上
がる。形意拳譜の鶏形歌訣には「金鶏報暁独立能、抖翎撥威争斗勇。独立先左后右意、食米奪米上架行」がある。

「鶏拳・jiquan・ジィチュアン」
象形拳種。鶏の戦いと生活中の各種の動きを作りだし真似る。主な特徴
は頭を打ちつける、肩で打つ、胯で寄りかかる、爪でつかむ、足で弾く。
身法は大きく開き大きく合う、首は伸ばしたり縮めたりする。歩型には
虚歩、騎龍歩、拐歩、独立歩などある。歩法には弧行、矮子、撃、点な
どがある。腿法には弾腿、前踩、側踩、勾踢、跳躍、などが有る。手法
は勾手に替わる鶏嘴があり、抓、啄、点、叉、涮などが有る。勁力は爆
発勁を重んじる、要求は快速で正確で素早く行き素早く戻る。鶏拳の整
套は 50 以上有り餓鶏啄米、寒鶏抱蛋、金鶏独立、雄鶏踩花、双翅撲灰
などの動作がある。




「陳式太極拳・chenshitaijiquan・チェンシィタイチィチュアン」
太極拳五大流派の一つ。陳式太極拳は三つに分類される、それは老架
(陳氏老架太極拳)、新架(陳氏新架太極拳)趙堡架である。
老架は明代末に陳王廷が創ったことが一番古い歴史とされる。元は五
個の套路が合ったが年と共に失われ、現在では二路だけが残っている。
一路(十三勢)は主に柔で基礎とする。動作は緩慢柔和である。二路
(炮捶)は主に剛で速度は快速、動作を展開する。勢いは猛烈。一路
と二路の共通した特徴は至る所で纏絲勁があり、剛柔相済(強さと柔
らかさの両面がある様子)、柔化剛発(柔らかく変化し強く発する)、
動作は呼吸に合わせておこない、勁力は連綿不断(連なって続き途切
れない)に行い、意と気と力を結合させる。
新架は河南省温県陳家溝の拳師陳有本が創る。架式は老架と同じで広
くゆったりしていて低い、ただし剛烈、跳躍、震脚など難しい動作を
取り除き簡単にし、柔らかく平穏である。したがって老体や虚弱者の
鍛錬に適しているとされる。
趙堡架は陳有本の弟子陳青萍が創る。陳青萍が入り婿で温県趙堡鎮に
行き、この拳をもっとも早く趙堡で伝えた、故に「趙堡架」と名が付
いた。趙堡架は陳氏新架太極拳の基礎の上に創られ、その特徴は幅度
が小さく、動作は緩慢、新架に比べ霊活できちんと整っている。練習
では徐々に圏を加え、元の套路を変えない状況の下、簡単なものから
複雑なものに到る。

「陳式老架太極拳・chenshilaojiataijiquan・チェンシィラオジィエタイチィチュアン」
太極拳の一種。明代に河南温県にて陳王廷が創った。太極拳は五路あり、現在に伝わる物は一路(十三勢)、二路(炮捶)で
ある。特徴は架式が広く大きく、低く沈める、運行は螺旋纏绕、剛柔相済、勁力綿綿、剛快発勁、震脚などの動作がある。

「陳式新架太極拳・chenshixinjiataijiquan・チェンシィシンジィエタイチィチュアン」
太極拳の一種。陳有本が作った。架式は老架と同じで大きく低い、もともとは剛烈、跳躍、震脚などの高度な動作は削って簡
単で、柔和で平穏で、老体や虚弱者の鍛錬に合った物で有った。

「法門拳・famenquan・ファメンチュアン」
南少林拳の一種。赣南(江西省南部)一帯に広く伝わっている。この拳には套路訓練と散打対練を含んでいる。そのなかで最
も代表的な拳路に「金絹纏杯」がある、動作は多く多変、難度が高い、手法には起、落、圓、托、提、推、卡、吐など八個の
字で作られている。それ以外に「仙人解鎖」「双圓手」など実用的な招式がある。套路の演練中に重んじることは「気沈丹田」
「以気助力」「含胸撥背」「拧腰転胯」「収腹敛臀」「躯干正直」などがある。

「定歩太極拳・dingbutaijiquan・ディンブータイチィチュアン」
太極拳拳種の一つ。1932 年楊式太極拳の単練動作と、陳式太極拳の内外の纏絲動作の特徴を合わせて作られた。手型は「自
然掌」と「鶏冠拳」を主に使う。

「空門拳・kongmenquan・コンメンチュアン」
湖北地方の拳種の一つ。拳術の套路には龍式、虎式、鳳式、燕式、龍虎斗、虎戦山、逼龍珠、龍虎出洞などがある。主要な技
法には手型、歩法、腿法、身法など有る。

「底功拳・degongquan・ディゴンチュアン」
北方の拳種。別名「滑車」と呼ばれる。拳師姜寿芳が創る。練功法には馬歩站椿、弓歩椿、腿功、散手、擒拿などが有る。特
徴は剛勁が充足し、内静外猛、節奏分明、構成が謹厳、打ちつけ飛びかかり転ぶことを連貫圓活に行う、下盤功を重んじる。
主に山東、黒竜江などの値に伝わる。

「武式太極拳・wushitaijiquan・ウーシィタイチィチュアン」
太極拳五大流派の一つ。清末時代、河北永年の武禹襄が陳式老架太極
拳と陳式新架太極拳の基礎の元にして作る。この拳の特徴は動作の幅
度が小さく隙が無く、立身中正、舒展緩習、歩法には碾歩と点歩で、
手型は勾手が無く、歩型には仆歩がない。左右の手は胸の間を超えな
い、出る手はつま先を超えず、収時には身体に貼り付けない。身法は
謹厳で、歩法は軽やかに行う。






「武当太乙五行擒撲二十三式
・wudangtaiyiwuxingqinpuershisanshi・ウータンタイイィウーシンチンプーアルシィサンシィ」

武当太乙五行擒撲二十三式=「武当太乙五行拳」の項を見よ。

「武当太極拳・wudangtaijiquan・ウータンタイチィチュアン」
武当派の拳種の一つ。言い伝えに寄ればこの拳は武当山から後に南京中央国術館に伝わった。その動作は八卦掌の風格に近く、
従って八卦太極拳とも呼ばれた。全部で108勢ある。全ての動作は正面を南に背面を北に向けて真っ直ぐに往復し練習を行う。
拳勢は伸びやか、姿勢は優美で活発、勁力はつならり途切れない。形は流れる水に似る、剛柔相済、循環が途切れない、練習
時には身が手を導き、意が気を導き、気が身を導き、気に従う。拳を行う時には纏絲弧形内勁を用い、緩慢柔和、合わせ経絡
の走向を結合させる、人体の気血を身体器官に合理分配し、内強外壮に到達する。

「武当陰陽八卦掌・wudangyinyangbaguazhang・ウータンインヤンバァーグアジャン」
武当昆仑派拳種。言い伝えによると武当道家が源流とされる。この拳が重んじるのは内玄と外玄の結合である、内玄練気、外
玄練勢、気為主体、勢為功法、内気運肘、外攻発力、虚実相間、柔剛相済、点穴制人。九宮八卦図形で拳を行い歩く、拳勢は
身のこなしが巧みで敏捷、快活で、動静が結合し、多方向に変化する、主に掌法、拳法、指法、歩法、肘功と腿功など連掌と
閃、鎖、靠などの攻防技法を指す。

「武当猶龍太極拳・wudangyoulongtaijiquan・ウータンヨウロンタイチーチュアン」
武当拳種の一つ。別名「龍形太極拳」と呼ばれる。全部で四路ある、要求には、丸く隙がない、行き来往復する、巻き付き絡
み捻り捻る、運動量が多い。全身の各部がお互いに呼応する、斜里寓正、上下相撃、連綿不断、龍が泳ぐ様子に似ている。

「武当松渓派内家拳・wudangsongxipaneijiaquan・ウータンソンシィパァネイジィアチュアン」
武当拳種の1つ。別名「八門抢宗」とも呼ばれる。明朝嘉靖年間に張松渓が武当拳の基礎を継承した上、八家(僧、岳、杜、
洪、慧、智、華)の精華を受け作られた。薬、技、基本功、気などのいくつかの部分を包括する。主要な基本功には車輪手、
空心捶、伏地通臂勁などがある。

「武当拳・wudangquan・ウータンチュアン」
武当派の拳種。武当山が源流ゆえにこの名前がつく、その特徴は静で動を制する、柔で剛に打ち克つ、短で長に勝、慢で快を
打つ、意で気を運び、気で身を運ぶ。近代の一般の形意拳、八卦掌、太極拳を武当内家拳と総称する。それ以外には无極拳、
武当長拳、武当太乙五行拳、六路拳、六歩散手なども武当拳と呼ぶ。器械套路は太極剣、太和剣、武当対剣、六合刀、六合槍、
松渓棍などがある。

「青龍拳・qinglongquan・チンロンチュアン」
南拳拳種の1つ。伝えに寄ると清王朝乾隆帝の時代に有名な江南五虎の一人楊天文が諸家の武功の精髄を研究して独自の拳術
を作った、その後200年に渡り伝承され、その後楊碧龍が広西、四川、江西、雲南、香港などの地に伝えた。現在では湖南の
各地、台北などに伝わっている。その特徴は剛柔相済(柔軟さと剛健を併せ持つ)内外兼修(外力と内力を合わせて修養する)
大小自在(動きの大小を自在に行う)高低自在(動きの高低を自在に行う)身霊歩捷(身体は機敏に歩は敏捷に行う)、以柔
克剛(柔らかさを以て剛に打ち克つ)以快制強(快速を以て強さを制する)以巧取勝(巧緻さを以て勝ちを取る)などが有る。
拳術の套路には青龍拳、火龍拳、五関斬将、八門卦閉鎖、那叱闹海などがある。器械套路には大梅花槍、午馬棍、神龍剣など
がある。

「拦手・lanshou・ランショウ」
武術拳種。清代初め天津、上海などの地に広く伝わった、伝えに寄ると河南の
拳師鄭天興が伝えた。拦手の拳術には操拳、拦手拳、翻拳と炮拳などがある。
一つ一つの套路は単式動作を反復する単練をすることにより技術が熟練し技能
が洗練される。その後に打の練習を行うと発力が大きくなる。それ以外の要求
はさらに必要な練習は内功、養気法、童子功と丹功を含む。拦鄭天興手拳の器
械套路には六合大槍、拦門槍、一字槍、四平槍、五虎断門槍、六合単刀、抜歩
刀、万勝双刀、春秋大刀、盤龍棍、六歩剣、龍鳳双剣などがある。拦手拳は実
打を重視し、重んじるのは内外の合一、攻撃が主となる。手法は柔、纏、崩、
挂、斬、拦、截、抱の八字に気をつける。



「抹面拳・momianquan・モォメェンチュアン」
「劈挂拳」の別名。劈挂拳の項を見よ。

「披挂拳・piguaquan・ピーグアチュアン」
「劈挂拳」の別名。劈挂拳の項を見よ。

「軟螳螂・ruantanglang・ルアンタンラン」
螳螂拳三大流派の一つ。勁力は柔に片より、「剛、柔、明、暗、滑」の五字を重んじる。心が動き意が従う、意が導き形が変
わる、上下がピタリと合う、内と外を統一する。攻防の要求は実を避け虚を行う、相手のタイミングを外すように導く、勁を
隠し力を借りる、虚手実撥で行う。代表的な套路には「六合螳螂拳」がある。

「苗族拳・miaozuquan・ミアオズゥチュアン」
少数民族の拳種。鄂西土家苗族の拳、技法には撩、拗、披、劈、挂、面、勾、勒、承、霊、停、妥、方、圓、扁、窄、刀槍空
滾、呑吐浮沈、三快五峰、擺桩精霊などがある。この拳の特徴は勢いが整い、隙が無く、動作が落ち着いている、套路は短く、
腿法が少ない、功力を重視し、実用を重んじる。

「苗拳・miaoquan・ミアオチュアン」
湘西少数民族に伝わる拳種の一つ。湘西苗族が殷周代に武術の始まりがあり、清朝年間に套路が形成された。流派は数多く大
きく分けて4種類ある。1.金牛苗族寨領袖石志岩、2.吉首平拢苗民首領呉八月、3.鳳凰僧人楊金榜、4保靖県拳師梁遠城。湘西
各県に伝わっている。主な拳術の套路は七十二手、三十六手、蚩尤拳がある。器械套路には大花旗棍、苗槍、九子鞭、(金党)、
鉄尺などがある。苗拳の套路は質素で整っていて隙がない、動作の幅は狭く、直線で往復動作、足を低く使い、攻防には手法
が多い。劈、砍、挑、撥、推、挿、勾、拦などを多く用いる。勁力は突出して、強く美しい。

「虎形・huxing・ミアオチュアン」
形意十二拳の一つ。虎が虎穴から離れ毛を振るわせ威嚇、獲物を捕らえる勢い。形意拳の系譜虎形の歌訣には「虎形は陽に属
し勇猛、谷を跳び、山を探す能力が高い。地に足を着き、加えて二つの穴を開ける、両掌は気を抱き風のように飛びかかる。」
とある。

「咏春拳・yongchunquan・ヨンチュンチュアン」
南拳の一種。清代嘉慶初年に作られた。咏春拳の創始には二つの説がある。一つには福建の永春県の厳三娘が創ったと言う説。
もう一つは方永春が作り、その後福建少林寺の到善和尚が広州の光孝寺に伝えた。現在では福建、広東、及び香港、マカオ一
帯に伝わっている。咏春拳の主要な内容は「小稔頭」「標子」「尋橋」の三套拳がある。「不以力勝、而以法勝」を強調する。
その理論は「来る物を留め行くものを送る、静を以て動を制する、柔を変化させ剛に発する、腕を振り真っ直ぐにふり出す。」
「上を失い下を取る、下から来て上を攻める、隠れて進む、剛柔併せ持つ。」
咏春拳のよりどころは「長手は気を運び、短手は自らを守る」を技撃の原理とする。「短橋窄馬(腕は短く歩型は狭く)、発
するに長け短勁をもちいる。」主要な特徴は「拳、橋(前腕)、膀(肩、二の腕)、指、掌」を五種類の手型手法、「呑吐浮
沈」と「二字箝陽馬」が身法と歩法が顕著である。

「呼延拳・huyanquan・ホーヤンチュアン」
拳種の一つ。別名「小虎燕」とも呼ばれる。河南、河北、雲南、山東、黒竜江の各地に伝わっている。主な練功法には抓砂袋、
打砂袋、站馬歩、弓歩桩などがある。練拳時には気沈丹田、呼吸自然、意で気を用いる、意で力を促する、力で技を強くする。
「小虎燕」の項を見よ。

「羅漢拳・luohanquan・ルオファンチュアン」
福建南拳の拳種。福州、連江、長東一帯に広まっている。その象形の意味から名前が付いた、主な套路には六十八羅漢と一百
霊八羅漢などがある。羅漢拳の主要な手法には隔、迫、冲、閃、展、挙、圧、鈎、抄、抛などが有る。腿法には騰、滾、掃、
弾などを多用する。歩は穏やかに姿勢を正す、手は変化し歩に従う、手、身、歩は協調、剛柔相済。羅漢拳は「三正」を見て
基礎の功夫とする。三正とは指手が正しい、身が正しい、馬(歩)が正しい。この三正を良く練習すると能力を高めることが
出来る。

「羅漢螳螂拳・luohantanglangquan・ルオファンタンランチュアン」
七星螳螂拳の別称。
羅漢螳螂拳=七星螳螂拳の項を見よ。

「岩鷹拳・yanyingquan・ヤンインチュアン」
湖南地方の拳種。新寧県の拳師蒋兆鴻が形意十二形、少林五形、鷹拳、鶴拳などの技撃を取り入れ作り出した。1980年全国
武術観摩大会にて金牌を得た。現在では新寧、邵陽地区で広まっている。この拳は鷹の形から意と形を取り入れ、併せて心、
意、神、形を融合一体とする。手型は鷹爪型、手法は抓、掐、拿、翻、崩、靠などがある。套路は飛、尋、捕、撃から作られ
ている。套路は動作の幅度が大きく、迅猛で剛強、動静が分明、起伏が昂揚である。拳術套路には岩鷹拳一路、二路、虎鷹帰
巣などがある。器械套路には岩鷹鈎、岩鷹耙、雌雄鷹双鈎、鷹門滚凳が有る。

「岳門拳・yuemenquan・ユエメンチュアン」
1.湖南四大名拳の一つ。臨礼県楊遠志が作る、現在で約二百年の歴史がある。主に常徳地区臨礼、慈利、石門一帯に伝わる。
  拳術の套路には鳳凰展翅、大小金剛拳、大小背鞭拳などがある。器械には锏、耙、双頭棍、板凳などが有る。套路は短く
  精悍、質素で飾り気が無い、動作は伸びやかで、動と静がはっきりしている、拳勢は力があり鋭い。出る足は釘を斬り鉄
  を断ちきる事が出来る。
2.別名「鹿歩梅花趟」「岳家拳」「岳氏連拳」と呼ばれる。岳門拳は心意行気を重んじる、気によって身を運び、静かな中
  に呑吐(飲み込む吐き出す)を生じる、開合に当たり浮沈が有る。演練は歩法が軽くすばしっこく立ち上がる、手の勢い
  は綿のように柔らかく、正反が相克し、整っている。拳の套路は定式が無い、ただし軌跡に沿って動く。伝えに寄ると元
  は洞庭瑚地帯が源である。これまで一貫して伝授ははなはだ厳しく、学ぶ物はとても少ない。

「岳山八極・yueshanbaji・ユエシャンバァジィ」
岳山八極=「開門八極」の項を見よ。

「岳氏連拳・yueshilianquan・ユエシィリアンチュアン」
岳家拳種の一つ。別名「八翻手」「子母拳」と呼ばれる、岳家散手から発展進化したとされる。清代の拳師劉仕俊は岳氏散手
に堪能で、在京時に軍隊で指導した。岳氏散手の精華である「八母勢」を簡単にし連貫した套路にした。岳氏連拳は八個の套
路(挣捶、進退連環、回身靠挤、拦腰捶、双推手、梱鎖靠挤、琵琶式、研肘架打)がある。

「岳氏散手・yueshisanshou・ユエシィサンショウ」
岳家拳種の一つ。散打技撃拳法の一つ。伝えに寄ると宋代の名将岳飛が作ったとされる。岳氏散手の最初は9手、そのうち上
盤は3手、中盤は4手、下盤は2手ある。練習時は左右互換ばらばらに行う、そのため岳氏散手の名前が付いた。その後ゆっく
りと発展していく、9手にはそれぞれ20手の変化があり全部で180手ある。歩型の多くは側身半馬歩。発展して「岳氏連拳」
になる。

「岳家拳・yuejiaquan・ユエジィアチュアン」
岳家拳種。言い伝えによると宋朝に抗金の名将岳飛が作ったとされる。この拳には残、推、援、奪、牽、捺、逼、吸の八字の
法が有る。重んじることは呑吐浮沈、首重桩功。発力は突然震わし破裂するように発する、手が到り足に到る、気が到り声に
到る。拳架は小さく古く素朴、四声は低く歩は穏やか、気を帯び発声する、手法が多く、腿法は少ない、技撃実用を重んじる。
手法は点掌、螺旋掌、虎抱頭拳などがある。歩法は食鶏歩が主で、両脚を曲げ、不丁不八、前に一歩後ろに半歩進む。套路は
沢山有る。

「岳家教・yuejiajiao・ユエジィアジィアオ」
南拳拳種。伝えに寄ると宋代の名将岳飛作ったとされる。最初に湖南から広東の梅県に伝わったときには「一盆珠」と言う名
前で有った。この拳は攻守を兼ね備え、攻撃を主とする。歩法は軽快で落ち着いている事を重んじ、歩法には馬歩、弓歩、独
立歩などがある。手法は虚実分明を重んじ、通常左手を虚、右手を実とする。手足の配合と到達を協調一致させる。その主な
動作には開弓、拦手、単鞭、直掌、削手と翻手などがある。

「伺拳・ciquan・ツゥチュアン」
湘西少数民族の拳種。別名「矮拳」と呼ばれる。この拳は伺族人民の伝統拳術、言い伝えに寄れば 1706 年某武士が伺郷に避
難したときに教えた、伺集落の坂や狭く険しい道のの影響により、少しずつ発展して伺拳の特徴が現れてきた。拳術の套路に
は玉頭拳、棒壇拳、塘冲拳、牙屯堡拳、独坡拳、六歩拳などがある。器械には単刀、槍、棍、弯刀、铲刀、鋤頭、扁担、挿担、
板登、三叉、木耙などがある。その他の特徴は近身短打、発勁短猛、壇長手橋功夫、転動霊活、四面出撃。腿法は比較的少な
く、常に暗腿で人を制する。動作は「田」の字に動く。拳法は緊湊、動作は朴実、節奏は鮮明。

「金剛拳・jingangquan・ジンガンチュアン」
少林拳種の一つ。言い伝えによると少林寺の八弟子達が作ったとされ、合わせて八大金剛の数になる。故に「金剛拳」の名前
が付く。徒手套路には大、小、正、反、高、低、動、勁の八套路がある。拳打一股風、全身為整勁、撃高跳即位、上下協調な
どの要求がある。

「金剛禅自然門・jingangchanziranmen・ジンガンチャンツゥランメン」
少林拳種の一つ。四川に伝わっている。金剛禅の理論と内功は静、自然門は実践と外相で動で、この二つが陰陽で成り立つ。
拳式の規律は全て丸を示す。全部で32式ある。功法は沐浴、易筋、桩、腿、臂、気功などがある。

「魚門・yumen・イゥーメン」
南拳拳種。別名「儒門六家芸」「六字門」「无極図」と呼ばれる。この拳の套路名称には「拳」が付かず「図」と言う名称が
付く。言い伝えによると湖北咸寧県の龍澤山が源流で現代まで三百年余りの歴史がある。主要な拳には六角図、虎歩図、遊龍
図、燕青図、八卦図、八陣図、六合図、无極図等八種が有る。

「周家小母・zhoujiaxiaomu・ゾウジィアシィアオムゥ」
甘粛地方の拳種。別名「周伺捶母」と呼ばれる。言い伝えによると宋朝に周伺が作ったとされる。全部で12路、36手ある。
出拳には「錐子捶」、「象鼻捶」が有る。塌掌は胸を越えず、塌腿は膝を越えない、手を見て打つ、側身で進む、技撃はとて
も強い。演練時には快速多変で行い、隙が無く自然、起きて落ちる転がり翻るなどリズムが鮮明で独特の風格がある。

「周家螳螂拳・zhoujiatanglangquan・ゾウジィアタンランチュアン」 NEW!!
南派螳螂拳の一種。言い伝えに寄れば清代広東人の周亜南が作った。この螳螂拳の技術理論は北派螳螂拳とは違い。短手が多
く、長打は少ない、一歩で多手、螳螂手は僅かにある、南拳の技術に似ている。

武術大辞典メイン ■中国武器博物館へ