武術大辞典メイン ■中国武器博物館へ   
「中国古代軍閥服装」 防具・鎧兜の年代別イラスト 
古代より防具と武器の関係は、武器が戦争など闘いの中で発達してゆき、それに合わせて、防具が誕生するさらに武器が強力に
なっていく課程で防具も合わせて発達していき、その形、素材などが次第に進化し武器の破壊力に合わせ、防御能力も高く成り、
さらに武器が強力になっていく・・・が繰り返されてきた。

ここで紹介する鎧や防具は、武術で闘うときに使用することはあまりなく、戦争時や儀式などに用いる物が一般的です。着てい
る防具、鎧兜などの素材、持っている武器についての解説で中国各地の遺跡より発掘された遺物からの復元図です。当時の武将
や兵士の雰囲気が伝わります。

●商代   (約BC17世紀〜約BC11世紀)殷
●西周   (約BC11世紀〜BC711年)
●東周   (BC770年〜BC221年)春秋戦国
●泰代   (BC221年〜BC206年)
●漢代   (BC206年〜220年)新、更始、後漢
●魏晋時期 (220年〜420年)三国時代、西晋、東晋
●南北朝  (420年〜589年)
●隋代   (581年〜618年)
●唐代   (618年〜907年)周
●五代十國 (907年〜960年)
●宋代   (960年〜1279年)
●遼    (907年〜1125年)
●金    (1115年〜1234年)
●西夏   (1032年〜1227年)
●元代   (1279年〜1368年)
●明代   (1368年〜1644年)
●清代   (1644年〜1911年)

武術大辞典メイン ■中国武器博物館へ